ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
愚かな日本人の愚かな選択 07/16のツイートまとめ

hataeiji

マスメディアが民衆を苦しめるような動きをするならば民衆の選んだ革命政府が行う言論弾圧は許されるのではないかという思いにとらわれる。無論、きわめて危険な考え方とは自覚しつつも。
07-16 00:17

公明党は必ず民主党と連立する。与党でなければ名誉会長を守れないからだ。万が一、参議院で過半数をとれなかった場合の保険として、昨年、創価学会とパイプを作っていた小沢氏に、菅首相は今、躍起になって、稲盛京セラ会長に仲介まで頼んで、小沢氏に頭を下げようとしている。
07-16 01:06

自殺せずに済んだ人がゴマンといる。竹中平蔵という人物が小泉政権の閣僚とならなければ。経済評論家とならなければ。いやいや、この世に生まれてこなければ。日本振興銀行前会長の木村剛逮捕がそれを証明している。
07-16 01:13


人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

そんなことはどうでもいいです。 日本新興銀行の前会長の逮捕について、今、あなたは呟くべきでしょう.。 それが「社会的責任」ということです. RT @HeizoTakenaka しかし、より興味深いのは、多分7-8年後に中国のGDPが日本の2倍になっているだろう、ということだ。
07-16 01:46

住民税をキチンと払ってからエラそーなことを言ってください。みんな苦しい生活の中から払っているのです。 RT @HeizoTakenaka そのためには、改革的ないい連立パートナーを選ぶことだ。菅内閣の運命はこれで決まる。
07-16 01:52

あなたには「日本をダメにした」という当たり前の自覚が感じられない。 RT @HeizoTakenaka 政治家から、「日本をこうしたい」という熱い思いが感じられない。
07-16 02:04

何かやっても叩く。何もやらなくても叩く。「歳費を貰っている国会議員は公人だ。プライベートはないんだ」と肛門。同じ党の人間をメディアで口をきわめて罵る行為よりは、何もやらないほうがはるかにマシだと思うが。
07-16 18:09

沈黙しているというだけで、こんなにもバッシングされる政治家が、かつていただろうか。「怖くて仕方がないのよ」とは、うちの奥様の弁。さもありなん。
07-16 18:16


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

水谷建設社長の供述に「本人しか知り得ない事情」が含まれているとした東京第一検察審査会。しかし、具体的には触れず。どんなデタラメ供述でも信憑性という印象だけで採用されるなら、この国は「冤罪天国」と化してしまうだろう。検察審査会自体を審査する、「検察審査会審査会」が必要だ。
07-16 18:31

民主・牧野氏が小沢氏に離党勧告 選挙戦略「万死に値する」http://j.mp/aFyMdG 責任転嫁はせめて県連会長としての自分の責任を陳謝してからしたらどうなんだ。
07-16 23:29



民主党の自民党化への加速が止まらないようだ。完全に旧体制権力が息を吹き返したか。反革命への揺り戻しが革命にはつきものとはいえ忸怩たる思い。命あるうちに、日本の夜明けを見たいのだが。
07-16 23:35

マスコミから、検察から、検察審査会から、B層から、民主党内から、執拗に攻撃され続けられたら、雲隠れのひとつもしたくなるだろう。
07-16 23:53

二十年後くらいかな。昨年の政権交代から今年の参議院選挙までが、戦前、戦中と同じくらいの「負の歴史」として記され、語られるのは。「あのとき、日本人全員が、本当に愚かだった。傑出したひとりの政治家をよってたかって潰しにかかった」みたいな感じで。
07-16 23:58

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(3) | 20100717031352 | 編集
538|ローレライ|20100717204628

「大政翼賛会」成立直前に「治安維持法」適用で解体された
「大本の二の舞」を教祖と幹部たちは恐れてるでしょうね。
あの様な政教分離しない集団は、
「官僚主権」とは本来は水と油ですから。
539|新聞|20100717222455

民主・牧野氏
・・・さすが!選挙の「選」(せ)の字も知らない素人。
  2人出したから、票の底上げで比例で自民に勝てた。
  民主逆風だけでなく、牧野氏に入れたくない、
  民主&無所属がいることを牧野氏は認めないと。
  まあ、傲慢なこの方には無理か・・・。
540|秦映児|20100718012434

ローレライ様

なかなかの慧眼だと感心させてもらいました。
ただ、当時の大本が解体させられたのは、教義に「不敬」と「世直し」の臭いを権力に嗅ぎ取られたことが理由だったと理解しています。
今の創価学会・公明党に「世直し」の気概があるかどうかは、自公時代の10年間を見れば明らかなことです。


     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天