ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
昔から、民主党というのは、ことごとく、勝負どころでズッコケる政党だった

え~っと、何から書き起こせばいいのか(苦笑)

とりあえず、「惨敗」と言っていい、民主党の敗北は、昨年夏の政権交代の果実をすべてご破算にするものだということを言っておこう。
これからは、民主党単独では、何ひとつ決められないということになる。
これは、巨大な既得権益体であるマスコミと官が目論んだ、さまざまな策動の、ひとつの到達点であり、目標の達成だということが言える。
クロス・オーナーシップの廃止も、電波利用料のオークション制度も、記者クラブ制度の解体も、取調べの可視化も、検事総長の国会同意人事も、すべて、ある意味革命的な政策は、手がつけられないまま、はるか未来に先送りされてしまう。
国民新党の悲願であった優勢改革法案の見直しも、ここで頓挫してしまう。
それだけで済めばよいが、またぞろ新自由主義的な空気に押されてしまい、あの悪夢の小泉政権時代がふたたび現出してしまうことが、もっとも懸念されるところだ。

選挙の勝敗結果というのは、このように、シビアなものだ。
どれだけ、選挙というものが重大かを言ってきた小沢一郎をソデにして、これを軽視した結果がこれだ。
昔から、民主党というのは、ことごとく、勝負どころでズッコケる政党だった。
小沢一郎という、シビアな現実主義者を指導者に据えてはじめて、選挙で連勝して、政権を取ることができた。
しかし、その功労者を追放した途端に、この敗北だ。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

自民党が消費税10%と言ってるから、自分たちも同じことを言う。
それで争点を曖昧にしようとする「抱きつき作戦」も、見事に失敗した。
せっかく「これ以上、鼻血も出ないというほどの無駄の削減をやって、はじめて消費税アップを考える」と自ら言っていた言葉を、なぜ、反故にしたのか。
争点は、曖昧にするよりも、明確にしたほうが、有利であるということが、どうしてわからなかったのか。
そのままの方針で選挙に臨めば、今度のような惨敗はなかったのではないか。

今度の菅民主党の選挙には、「闘う姿勢」があまり感じられなかった。
自民党の消費税増税政策に「抱きつき」、「増税のための論議」を呼びかけ、幹事長にいたっては、その自民の別働隊「みんなの党」に、選挙も済んでいないのに「提携」を呼びかけ、ソッポを向かれるという醜態を晒した。
有権者から見れば、主体性のない、頼りない政党と映るほかはなかっただろう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

昨年の夏、多くの有権者が民主党に期待したのは、「革命政権」としての、それだったと思う。
長過ぎた自民党支配がもたらしたさまざまな理不尽が、きれいさっぱり掃除され、官より民を重んじる政策が行われることを期待したのだ。
それなのに、言うことが、今までの自民党と変わらなくなったのなら、民心が離れるのは当たり前であろう。
自らを「革命政権」と既定する自覚がない、およそつまらない政党に、民主党を貶めてしまった現執行部の罪は、万死に値すると思うがどうだろうか。

もう2時半だ。
言いたいことは山ほどあるが、明日も宅配で忙しいので、ここまでにしておこう。
それにしても、なんで、この国の有権者の、「意識の振り子の振動」が激しいのだろうか。
それは、「煽りかた」が尋常でない、日本特有の、マスメディアの構造に因があるのではないかと思う。
そのことは、いずれ詳しく考察してみよう。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(6) | 20100712024441 | 編集
527|新党 一人|20100712072525

民主党 惨敗でしたね。
ブログ主様も書いてますが、
「今度の菅民主党の選挙には、「闘う姿勢」があまり感じられなかった。」
信じられない程の無様さですが、 菅氏の敵は、他党ではなかったのです。
菅氏の敵は、鳩山、小沢路線でした。
口では鳩山路線を踏襲するといいながら、やっている事はその否定でした。

内実、早く小沢氏に出て行ってもらって、自民党と組もうと腹づもりしているのでしょう。
幹事長以下、役員は続投と決めたようですから。




528|海外から見た日本|20100712082331

本当に残念な結果になりました。
正直に言うと、想定外な政権与党の大敗です。
何もしなくても勝てるようにお膳立てしてもらったのに、完全に菅政権の選挙対応の失敗ですね。
ただ日本のトップは責任を取らないので、益々窮地に陥りそうです。

昨年の衆議院選挙での一般庶民の勝利が消えてしまったようです。
これで捩れ国会になり、政権交代の果実は得られにくくなりました。
日本的というば日本的なんですかね。
下に自分よりも不幸な人を作る事で、自分が幸せという日本教の世界かもしれません。
多くの人は、自分よりも不幸な人がいる事で、変化を求めるよりも、変化を恐れているのかもしれません。変化を望んでいないから投票率も低いですね。
自分は頭が悪いからと、政治家・先生・警察などを聖人化して、彼らに任せっぱなしかもしれません。
マスコミの偏向報道・娯楽報道を信じている人も多いと思います。
こうした日本では、急速に差別社会になってきています。
平等な世界に戻す千載一遇のチャンスでしたが、なかなか政治を変えれません。
寂しいですね。

インターネット、ブログ、等の意見というのは、まだ少数派です。
既存権益者・マスコミの影響力も、まだとても強い、という事もわかりました。

反省するならば、政権交代が成されたこの1年間に、早急に手を打たなかった前鳩山政権の責任も大きかったのかもしれません。

今後、小沢さんを中心とした政界再編が叫ばれてくると思います。
ただ、小沢さんに賛同する議員が半数を超えないと、潰されるかもしれません。
検察審議会も結論を出さずに、カードとして残したままです。
小沢さんがどう動くか注目しています。
529|むぎ茶|20100712143508

国民には、民主党が信用しきれなくなった、ということなら、志が同じの社民党か国民新党に投票してほしかったです。しかし結果は驚くほどの不支持。逆に自民党・みんなの党の大勝。旧勢力の連中だぞ!?と文句を言いたくなりました。選挙は結果が全てとは言え、日本人は一体どうしたいのか・・・。民主党に失望(まだ1年未満だ。見切るのが早すぎる!)したからって、散々国民を食い物にしてきた自民党復権はないだろう、と思います。日本人の資産を守る郵政民営化見直しも挫折確定。あまりにも悲しい。
530|新聞|20100712225853

1.クロス・オーナーシップの廃止
2.電波利用料のオークション制度
3.記者クラブ制度の解体
4.取調べの可視化
5.、検事総長の国会同意人事
6.郵政改革法案の見直し
~ああ、今となっては、ハトさんが
  対米隷従と刺し違えても
  実現してほしかった!残念。
  
あの悪夢の小泉政権時代がふたたび現出
~もう出現しているように感じる。
 みんなの党&自民が元気で。
 そして、さらに、悪質になって!
531|taira|20100712235130

涙も出ない 声も聞こえない もう二度と戻らない日々を 俺たちは走り続ける 明日もまたどこへ行く ~♪
これは失恋の歌で、かつて私の好きなドラマの主題歌でもあったので不思議と耳に残っています。  10年以上前なのに・・・    しかし、まさに昨日の心境です。  失恋ではありませんが
涙も出ません、、、馬鹿馬鹿しいと言うかどっちらけで。
その直前(8時になる)まで、龍馬伝での武市さんの切腹に泣いたいただけに・・・・
ドラマで泣いたのは本当に久しぶりでした。
それだけに、その直後の展開には 感動の極みからシラケの極みへまっさかさまです。
負けるべくして負けた  一個人の愚かな発言で
私も此処であの時は、争点をはぐらかす、マスコミ、官僚を味方につける高等戦術かなと思い書きました。
でも結果を見れば稚拙以外何者でもありませんね!
何より民主を応援してた真面目な支持者をシラケさせ、他党へ鞍替えさせたのですから。

前にも書きましたが、私がここと並んで毎日愛読してるアンチ自民のブロガーの皆さんが、こぞって国民新党や社民党に鞍替えするとおっしゃっていました。
私、個人の意見では あまりミニ政党だと死に票になるのではと、危惧していました。
そして実際 一番多く起きた現象はというと、一般の民主支持だった浮動標的有権者の票は、栃木訛りの「あじぇんだ」党へと・・・

結局、民主の票が「あじぇんだ」党へ食われ、自民が漁夫の利を得たのです。
これが同じ消費税アップを主張し、なおかつ支持率も民主に負けてる自民に負けたかの理由です。  素人考えながら、そう思います。
「あじぇんだ」党は消費税を明確に反対してますから、あの愚かな発言で民主支持者の票が割れたのでしょう。
大企業と違い中小零細の事業者はデフレのため、消費税アップを価格に転嫁できません。
本来なら消費者に転嫁できるのに、自分でかぶる最悪の結果です。
こういう事業者は地方、つまり1人区に多い  これが1人区大敗の原因です。
もう、笑ってしまうほど大馬鹿ですわ。

あとで菅さんも必死に言い訳してたし、実際 本意はそうでないのでしょうが、政治家まして首相の言葉は重いし、内容がインパクト強すぎです。 
インパクトの強い部分だけが一人歩きします。
これは恣意的マスコミの陥れ作戦のほかに、民主支持のサイトでも消費税談義でした。
これでは一般人が消費税前提と錯覚するのも当然です。

私も、その後 消費税や財政、国債について勉強しました。
日本はギリシャとは違うのです。   
日本は、ギリシャがサラ金で借りてる借金漬け国家なら日本は旦那が妻や子供に借金してる状態なのです。
ここら辺お詳しい解説はここを、ご覧ください  分かりやすいです。
http://yutakarlson.blogspot.com/2010/06/blog-post_29.html
http://yutakarlson.blogspot.com/2010/06/blog-post_27.html
なお、ここのブログ主様はアンチ民主の方ですが経済解説自体は中立で素晴らしいので一読ください。

それに何より腹が立つのが、小沢さん擁立の新人を本部はほったらかしだったそうです。
見かねて小沢さんが応援に駆けつけたとか。  小沢派へのイジメでしょうか?
映児さんの、おっしゃるように戦う本気度を疑います。
永田メール事件のときの前原体制を思い出します。  民主の青さ。
ペンギン枝野、安住 口は達者だが青さが目立つ    民主の体質でしょうか(溜息)
肝心の菅さんが思いつきのような、あの発言の軽さでは・・・・・
それに、もう一つ付け加えると あの時点では 消費税アップと法人税減税をセットにしていたことです。
本当に、この男は 真の民主支持者をなめてるのかと本気で思いました。

小沢流軽視、どぶ板軽視のつけです。
その意味では涙も出ない悲しみとともに、どこかで ざまあ見ろという複雑な心境です。
これは有権者のお灸で、民主のお面をつけた自民への鉄槌だと思いたいです。

真の民主支持者をシラケさせてどうする?
まさに絶望の今回の選挙でしたが佐藤優さんの新着のコラムを読んで少し元気が出ました
http://news.livedoor.com/article/detail/4879897/
物は捉えようですね!

結局、が菅さんも本格政権だという変な欲が、支持率の一時的Ⅴ字回復で出たため ああいう自信過剰な発言になったのでしょう 。
昨日、久しぶりに司馬さんの西郷論を読み返しました。
「無私の人、、、西郷   彼は結局、無私でしか人を動かせないのだということを知っていた。」

至言だと思います。    その人間に、自己中心な欲が見えたとき人心は離れます。
やはり新の政権交代はまだ起きていません。
真の敵はマスコミ、官僚、アメリカに操られた勢力です。

別に私は民主だけを絶対視してるわけではありません。
私心なき人、、弱いものの見方、、、一度 個人でも地獄を見た人  小沢さん、宗男さん、亀井さん こういった方の声しか心に届きません。
共生の理念  鳩山内閣が実現しそうだった理念
一部の人、県だけに負担を押し付けての繁栄を是としない政治

土佐の勤皇思想の背景に、土佐での差別的上士、下士という体制への憤りのマグマがあったように描かれています。
世界の革命政権の指導者のマグマも、虐げられたものの怒りでした。
もっとも彼らは、その後 既得権益者になると かつて攻撃したような者と同じようになってしまうのですが。
選挙直前にも青山其という偏向ジャーナリストが、金政権崩壊は間近だ  そうなると難民が日本に来る といったような 狼が来る的脅し方で、暗に民主に支持すると 外国人参政権が通る 大変だぞというネガキャンを行っていました。
こういったことに怒りを禁じえません。
この青山其は、なぜかアメリカに食い物にされてる現状は、いつも触れていないように思います。

理想の社会とは、なかなかやってきそうにもありません。
私は映児さんより若干、若いですが果たして生きてる間に 理想の社会が来るかどうか・・・
なんだか言っててキング牧師の最後の演説のようになってしまいました。(笑)
いささか興奮しています(恥)

ただ、思うのです   いささか感傷的過ぎますが。
龍馬にしろ武市にしろ理想を求めたものの、ついに自身でその日を見ることはなかった。
ある意味、当時の解釈では犬死です   たまたま今、脚光を浴びているだけで。
しかし、評価とは別に個人の思う正義感に生き、善き生を貫いたと。
善き生、、、これはハーバート大学 白熱教室で感化された言葉です。

なんだかんだ言っても、まだ民主政権です。
自分も結果は別にして理想社会というものに残る生を賭けてゆきたいと思いました。
それでないと生きてる価値がないと。
534|なみき|20100713090303

鳩山・小沢両氏が辞任したとき、マスコミを中心に昔の民主党に戻ってほしい、そんな声が聞かれました。昔の民主党は、比例第一党をとりながらも、地方で伸び悩む都市型の政党でした。そのために過半数を超えるような数に届かない状態が続き、政権交代が実現しなかったのです。参議院選挙では50議席をさまよう状態が普通なので、枝野氏などが責任を感じないのもそのためかもしれません。

まあ今回の選挙の結果はその望み通りだったのです。

「政治家、官僚、業者の癒着は「鉄のトライアングル」といわれるが、それにマスコミと御用学者を加えた「鉄のペンタゴン」となっています。これを壊すことは気の遠くなるような難事業であり、よほど心してかからないと、こちらが押しつぶされてしまします」。

これは2003年6月2日、当時の自由党大会で小沢一郎党首が発言したものです。小沢氏は自分が押しつぶされることはとっくの昔に分かっていたのです。それでも鉄のペンタゴンを壊すための戦いを続けています。小沢氏を絶対視するわけではありませんが、マスコミと御用学者の罪についてこれほど明確に述べた政治家の発言はありません。

一回の選挙で勝って終わるほどこのペンタゴンの構造はやわではありません。日本中いたるところに網の目のように張り巡らされているのです。政権交代で壊れかけた鉄のペンタゴンの修復にマスコミと御用学者がこの1年どれだけの役割を果たしたのか考えてみると、本当に難事業だと痛感させられています。でも、わたしはあきらめません。鉄のペンタゴン崩壊の萌芽が少しずつではありますが、表れているのですから。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天