ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
小沢攻撃に血道をあげた某政党に投票する気にはならない


本日、ある政党のチラシがポストに入っていて、その内容に、大いに賛同してしまった。

①法人税を40%から25%に下げろという財界の要求に政府も応じている。これでは消費税増税ぶんのほとんどが、大企業減税で消えてしまう。

②日本の法人税は見かけほど高くない。「研究開発減税」などで、税金を大負けしてもらっているからである。税金と社会保険料をあわせた大企業の負担は、フランスの7割しかない。

③ギリシャではこの10年間に法人税を40%から24%いまで引き下げ、国の税収に大穴をあけた。これが財政破綻の大きな原因になった。菅総理の増税路線はギリシャの二の舞になりかねない。


なるほどなあ。
まったく、その通りだ、と思う。
消費税にかんすることは、この政党の主張に、全面的に賛同できる。

しかし・・・。

この政党を支援する気には、ならない。
太陽が西から出て東に沈むようなことがあっても、この政党に票を入れることは、ない。
なぜなら、この政党が、日本共産党だからである。

どんなに、耳障りの良いことを言おうとも、この政党の政策が、実現することはない。
何ひとつ、実現能力のない政党に票を投じることは、できない。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

また、この党が、反体制のポーズをとりながら、旧勢力から一定の役割を与えられた存在であることも、看過できない。
旧勢力は、真に「己が敵」と認定する勢力には、徹底的に潰しにかかる。
小沢一郎氏に対する、容赦ないバッシングが、そのことを示している。

然るに、共産党がそういう攻撃を受けたことはない。
それは、旧勢力に利用価値を認められていることを示している。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

このことに関しては、いずれ、もう少し、深い考察をしてみたいと思っている。

ともあれ、共産党が、検察・マスコミと一体となって、小沢攻撃に邁進したことは、絶対に、忘れることはできない。

民主党が共産党より革命的に見えるという皮肉 

反権力の牙を抜かれた日本共産党 



関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(1) | 20100710022434 | 編集
522|kanazawamakoto|20100711074037

僕は十分攻撃されていると思います。(ビラ配りで逮捕されたりとか。)しかし、脅威ではないから徹底的には潰されないのだと思います。
去年は全選挙区に候補者をたてることをやめ、政権交代に貢献しましたね。しかし小沢氏批判はいただけませんね。
アメリカではcommunistと言うと反民主主義、テロリストと同じような語感がありますが日本はまだそこまで行っていないだけ健全だと思います。資本主義も一つの社会体制に過ぎず、長い目で見ればいずれは崩壊すると思います。
もちろん今の日本共産党が支持するに足りるかどうかは別問題ですが。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天