ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
すでにTPP法案は貿易協定ではなく農水利権の草刈り場と化している

なんで、トランプ米次期政権の極端な保護主義的政策で、批准の可能性が限りなくゼロに過ぎなくなってるというのに、わが「安倍ボクちゃん政権」は、TPP成立に前のめり、シャカリキになっているのか。

たんに、その未成熟で幼児的な「ファンタジー」や「ポエム」を、現実の政治に投影させるという、今までの政治家には決してなかった、破天荒ともいえるアホ行為を、馬鹿みたいに遂行しようとしているのに過ぎないのか。



TPPの成立がないならないで、それでいいんだよ。ほんと、どーでもいい。「TPP対策」の名目でたてられた何千億もの予算を、土地改良事業とか、農家戸別に支給する補助金とか、滅茶苦茶にバラ撒いて自分らの票と化すのが、自民利権屋終段の究極の目的なんだよ。

俺らが汗水たらして働いて、死ぬ思いで払った税金が、自民党の政治屋風情のフトコロに入るように出来ているんだ。
怒れよ、日本人!って、裂けるほどの口を開けて、叫びたくなるね、マジで。






これ、「すげえな、日本人」とか、たくさんの人が思いそう。
でも、俺ってひねくれてるからさ、そんな美談とも思えないんだよね。
6日間?で元通りなんて、あまりに不自然じゃない??

まさに「マジック」過ぎて、うさん臭さすら感じるよ。
これが、「一か月かかった」っていうのなら、「さもありなん」って思うんだ。
なのに6日間って、なんだよそれ、早漏すぎるよ、いくらなんでも。

膨大な業者が、短い期間に一気に集められて、突貫工事をした。
おそらく、通常の仕事をあとまわしにして、この復旧工事に動員させられた。
きっと、目のくらむようなカネが投入されたことだろうね。

福岡市ってたしかに、神戸市を抜いて、日本第五位の都市に躍進した。
税収なんてハンパなく増大して、市の財政は潤沢そのものなんじゃね?とか思ってしまう。
地元の業者に「臨時の大型工事」を提供すれば、さらに市の景気は刺激され、それは税収として市に還元されてゆく。

ってことなんだからさ、頼むから「美談」なんかに仕立てあげないでくれって、本気でそう思っているよ。


ほんと、今の「安倍ボクちゃん政権」に較べれば、かつての自民党は、曲がりなりにも「自由」と「民主主義」をなんとか保っていたよなあと思う。
「三角大福」なんて党内で派閥争いをしていたことさえ、健全に思えてくるよ。
党内で「争い」がないということは、中国共産党や朝鮮労働党と、基本的には変わらないということで、「自由」とか「民主主義」とは、縁もゆかりもないということを、きちんと認識しなければいけないね。


関連記事 [安倍政権]
安倍政権 | コメント(-) | 20161117031157 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天