ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
権力者を弾劾する民衆やメディア 隣国が本当に羨ましい

隣国は大変だねえ、今。
朴大統領の支持率が30%台から、とうとう一桁台に落ちたんだとか。

大統領の「長年の女友達」に、国民の怒りが集中しているらしいんだけど、何なの、本人が検察庁に出頭する際に演じられた、あの大騒ぎ。

警察とかに何も「規制」する動きがなければ、あんなふうになるよね。

ショベルカーが最高検察庁に突入する映像、あれには俺、たまげたよ。
普通の車じゃないんだよ?
ノロノロしか動けないショベルカーをさ、あそこまで接近させるまで何もアクションしない「警備体制」ってあり得る?

すごい、メディアと司法が結託した、「ヤラセ」を感じるのは、筆者だけではないと思うんだけど。

セオウル号沈没とか、「ナッツリターン」のときでも思ったけど、韓国の司法とか、すごい「世論」に迎合する印象があるよね。

で、その「世論」を作り出す、マスメディア。

旺盛だね。
活気に満ちてるよ。

功罪はいろいろあるにしろ、「功」の面だけを言えばね、権力の腐敗に対する民衆の正当な怒りを触発している。
抗議の意思を示すために、民衆をして街頭に走らしめている。

じつに、健全だ。
メディアの役割は、こうでなければならない。

日本でも、そういう時代があったよね。

第一次安倍内閣のとき、「閣僚辞任ドミノ」って現象があった。
安倍内閣の「お友達」たちが、事務所問題や何やらで、次々と辞任していった。
ついには、税金逃れ問題で週刊誌に告発される寸前に、安倍自身が「ボクちゃんお腹痛い」と辞任した。

しかし、そのパターンが、福田政権、麻生政権と引き継がれ、政権交代により誕生した鳩山政権まで直撃した。

覚えていますか?
あの頃のマスコミの、猖獗をきわめた民主党政権攻撃を。

メディアが政権を攻撃する、このときは「罪」の部分が大きかった。
鳩山政権ほど、メディアに対するOPENな政権はなかったというのに。

そして今のメディアを振り返ると・・。

どうしようもなく、堕ちるところまで堕ちてしまったね。

政権の意向を忖度して、真に民衆に伝えるべき事柄、意図的にスルーする。

そもそも、権力者との会食に嬉々として出かける、こういう「乞食メディア」を持つ国民の不幸は、まさに、「言語に絶する」と言わざるを得ない。

たしかに昨年の「安保関連法案」では,民衆が国会前に殺到した。
しかし、それは潮を引くように雲散霧消していった感がある。

実はその、「安保関連法案」に匹敵する、否、それをはるかに凌駕する、我が国住民の命と暮らしを直撃する「瞬間」が近づいている。

TPP採決。

その内実、実態が「なんだかよくわからない」というムードの中で、「閣僚の失言」とか、「政局」とかに 誤魔化されて、自分らの首を絞める決定的なことが決められようとしてる。

ハロウィンとかで馬鹿騒ぎやってるうちに、とんでもないことが進行している。
あのとき、きちんと政治に目を向けていればなあなんて後悔することが、この国には多すぎやしませんか?

やりきれませんよ、最近、ほんとに。


あわせて読んでね。
朴槿恵大統領の40年来のお友達「崔順実」、韓流ファンにとっては萌える名前
平らかなまどろみ




関連記事 [TPP]
TPP | コメント(-) | 20161104011651 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天