ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
09/30のツイートまとめ

hataeiji

3人の子との関係は良好だ。孫達もどういうわけか俺を慕ってくれるので、これ以上の幸福はないと思う一瞬がある。俺は彼ら彼女らにどういう価値観も押し付けたりはしなかった、その結果だと思っている。貧しい陳腐な「想像」で、俺ら家族の関係性を規定される、その僭越さに対する憤りは、多少、ある。
09-30 00:22

どうして問題だと思わないのかと、こっちの方がブチ切れるわ、首相にも、この記事を書いた「産経便所のチリ紙」にも。https://t.co/Bxj3QpOk8Q「衆院予算委 民進・細野豪志代表代行がスタンディングオベーション批判 安倍首相は『どうしてこれが問題なのか』とブチ切れ」
09-30 15:03

「産経便所のチリ紙」と書いて、これは、あまりに失礼な表現だったと、今更ながら反省しています。心から、謝罪します。もちろん、「便所のチリ紙」様に対してですが。
09-30 15:06

同じくらいのレベルに見える紙でも、「人様に害を為す産経」より「人様の役に立つ便所のチリ紙」の方がはるかに上だよね。
09-30 15:11

子供の頃、小学館の「少年少女世界の名作文学」全50巻を小学校の図書館から借りて読破した。その懐かしさもあって、数年前、ヤフオクに出品されていたのを3万円で大人買いし、一番上の孫に贈った。孫も一年ほどかけて読破したそうだ。想像力豊かな子に育った一助になったと自負している。
09-30 23:11

RT @dig_nkt_v2: 長谷川豊がいなくなっても、「長谷川豊的なもの」はこの世に残り続ける。だからこそ、長谷川豊にはちゃんと潰れてもらう必要がある。
09-30 23:12

世界の名作文学で一番夢中になって読んだのがルブランの「奇巌城」と、ガストン・ルルーの「黄色い部屋の秘密」。特に、後者、主人公の少年探偵が真犯人の名を告げたときの驚愕は、いまだに覚えている。ミステリーにはまるキッカケとなった。
09-30 23:27

そうだ。安倍自民党が欲しているのは「憲法」じゃなく、「国民を国家に奉仕させるための規範」なんだよね。
09-30 23:39

「昭和史発掘」を最初から全部読むことにした。大正デモクラシーの終焉から2・26に至るファシズムの生成過程に起きた数々の事件を、その期間に市井の庶民として生きた著者の手による圧倒的な大著。部分部分しか読んでなかったが、最初から読むべきだと思っている。
09-30 23:54

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20161001041636 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天