ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
不知恩の徒・枝野幹事長が有権者を「バカな大衆」と見下したことは、忘れない

明日から、夏の宅配をすることになる。
家の事情があり、仕事も忙しくなるから、おそらく、ブログ記事の内容も簡易になると思う。
しかし、どういう形であれ、更新は続けたいので、どうか、見捨てずに、おつきあいを賜りたい。

菅総理が各地の演説で、消費税増税に言及し、「低所得者」対策として「還付方式」の導入を訴えていた。
しかし、資格者の年収上限を、地域によって異なる数字で提示し、「報ステ」で、そのいい加減さを浮き彫りにされるような報道をされていた。
それは、はなゆー様のブログに詳しいので、それを参照してもらうとして・・・。

 〔消費税増税〕菅首相が「その場しのぎ」の滅茶苦茶な弁明で火に油 

僕が「面白い」と思ったのは、同じことを報じた、読売の以下の記事である。

消費税上げで首相「年収2百~4百万以下還付」

菅首相は30日、消費税率を引き上げた場合の低所得者対策について、「年収300万、400万円以下の人には、掛かる税金分だけ還付する方式もある」と述べた。
参院選応援のため民主党代表として訪れた山形市内での街頭演説で語った。首相は、税金還付方式の導入を検討する意向を示してきたが、対象となる年収水準を示したのは初めてだ。
ただ、首相は同日、青森市での街頭演説では「年収200万円とか300万円」、秋田市内での演説では「年収300万円とか350万円以下」と述べており、具体的な年収額は今後さらに詰めると見られる

(2010年6月30日22時28分 読売新聞)


これを読んで、賢明なる読者諸兄に、なにかお気づきの点はないだろうか?
そう、あの、反小沢・鳩山報道では、常に先陣を切っていた読売が、この菅総理の「いい加減発言」には、何ひとつ批判をしていないのだ。
もし、同じようなことを小沢氏がしていたらどうなっていたか。叩きに叩きまくっていたのではないだろうか。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

ただ、首相は同日、青森市での街頭演説では「年収200万円とか300万円」、秋田市内での演説では「年収300万円とか350万円以下」と述べており、具体的な年収額は今後さらに詰めると見られる。


その場しのぎのブレ発言を「報ステ」のように揶揄することもせず、「具体的な年収額は今後さらに詰める」と、何か、菅氏のするべき言い訳を代行してあげ、庇ってあげているととらえてもいいような、親愛的な雰囲気が、行間から漂ってはこないだろうか?

読売が、菅政権の「消費税増税」政策を、全面的に後押しせんとする姿勢が窺われる。
さすが、庶民の敵、読売である。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

ところで、昨日の枝野幹事長の暴言を、あまり、ニュースでは取り上げていないのはなぜだろう。
「公約を守ること」と「無責任に大衆迎合をすること」をイコールで結ぶような、横暴な物言いは、消費税増税を一大世論としたい各メディアが、さすがにマズイと思ったということなのか。
たしかに、あの発言中の枝野幹事長からは、いつもの温厚篤実な雰囲気が消し去られ、険悪なイメージしか残っていなかった。
マジで、人相が変わっていた。

しかも、「普通、首相からおとなしくしていろと言われたのなら、もう少し長い時間、おとなしくしているものだ」という言葉、これは、権力争いをしている一方の頭目の言葉だと思わないか。
幹事長就任当初、小沢氏をリスペクトするかのような振る舞いを見せたが、それに一時的に騙された僕も、そうとうなお人好しだったかもしれない。
まだまだ、修行が足りない映児である。

つくづく・・・「不知恩の徒輩」というものは、どこにでもいるものだと思う。
民由合併がなければ、今頃、民主党はどうなっていただろうか。
07参議院選、09衆議院選での、小沢氏の圧倒的な選挙指導力がなければ、民主党はどうなっていただろうか。
誰のおかげで、「幹事長」然として、エラそーな口がきけると思っているのだろうか。

われわれ有権者を「バカな大衆」と見下したことは、忘れない。
このことは、彼が、政治的発言をするたびに、折に触れ、しつこく指摘し続けていこうと思っている。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(4) | 20100701004722 | 編集
503|-|20100701014215

このコメントは管理人のみ閲覧できます
504|トッペイ|20100701014512

枝野のような輩は、権力の座についた途端、豹変して威張りまくる器の小さい男です。大衆云々は日頃から思っている本音が出たのでしょう。我々はこんな姑息で卑怯な男に権力を握らすために民主党に政権を与えたのではありません。奸、仙石、玄葉たちの小泉まがいの発言を聞いていると絶望的になります。
小沢さんの推薦した候補以外は選挙で鉄槌を下し、今の執行部を解体すべきです。


505|新聞|20100701020132

「心のこり」(歌手:細川たかし)より

替え歌「心おごり」

直人バカよね おバカさんよね
消費税 消費税 上げる発言
財務省に 見事・操られ
励んで来たのよ 今日まで
逆風が吹く 消費税10%を
小沢が 嘆くように
直人も言い訳するわ 明日の演説で
506|マスコミ盲信者|20100701084331

国会議員,特に,選挙区の議員は地域市民の代表である.議員が他の議員の言論を封じるような言動は,他の議員の地域市民の言論を封じようとするものであり,言語道断である.弁護士でもある法律家の幹事長とは思えない感情的な非難であり,自分が総理でもあるような妄言である.マニフェストは市民との約束であり,それを守るべきである,との発言がどうして大衆迎合なのか.枝野は国民との約束を反故にする政治家なのか.
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天