ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
小沢一郎氏が意欲を示して何が悪いのだ

昨日、私的なことで、大きな衝撃がありました。
「世に噛む日日」を愛読してくださっている皆様には、なんの関係もないことなので、ここには記しませんが、今までのような、毎日更新というわけにはいかないほどの、大きな事態です。
政治ニュースについての記事は、今日のところは書く気になれません。
本当に、申し訳ありません。

私的な日記については、新たにブログを設定したので、ここからリンクすることにしました。
何があったのかは、それを参照してほしいと思います。

 「試されるとき」 "雨の日の衝撃" 

ですが・・。
この記事を目にしましたので、ひとことだけ。

<民主党>小沢前幹事長が現執行部を強く批判 公約修正で

民主党の小沢一郎前幹事長は28日、愛媛県今治市で開かれた会合で、同党が衆院選マニフェスト(政権公約)を修正したことに関し「高速道路無料化、子ども手当、(農業の戸別)所得補償などを昨年の総選挙で約束して議席をもらった。政権を取ったら、金がないからできませんなんて、そんなバカなことがあるか」と述べ、現執行部を強く批判した。

 小沢氏はそのうえで「必ず私が微力を尽くして約束通り実現する」と述べた。菅直人首相が言及した消費税率10%についても「選挙で4年間は上げないと言った。首相の考えは分からないが、国民との約束はどんなことがあっても守るべきだ」と指摘した。

 小沢氏は会合後、記者団に「これでは国民に結果としてうそをついたことになる」と語った。

 小沢氏の発言には9月の党代表選を意識し、参院選で与党が過半数を割った場合の責任は現執行部にあるとけん制する狙いがあるとみられる。小沢氏が今後も党内で影響力を行使するとの強い意欲を表明したといえ、党内に波紋を広げるとみられる。【中村敦茂、念佛明奈】


「念仏」という名前の記者の存在に驚いたことは、ともかくとして。

なにか、小沢氏が「今後も党内で影響力を行使するとの強い意欲を表明」することが悪いことであるかのような書き方。
では、活動を何もしない名ばかりの「議員」がいいのか?
国会議員が、自己の信念を具現化するために、最大の努力を傾注するのは、当然のことじゃないでしょうか。

小沢氏の言うことは、ぜんぶ、正論です。  

きわめて、当たり前のことを言っているに過ぎない。
なのに、それに対する揣摩憶測(しまおくそく)の拙劣なこと。

「参院選で与党が過半数を割った場合の責任は現執行部にあるとけん制する狙いがあるとみられる」
って何ですか。
いつもの「みられる」用法ですが、記者個人の勝手な妄想を恰も客観的事実であるかのように錯覚させる卑劣なやりかたです。
こういうペテンをいつまでも続けるから、記事の内容に「信」が置けなくなるんです。
西方極楽浄土に存わす阿弥陀如来に帰依来迎していたであろうご先祖に申し訳が立たないぞ、念仏さん。
一日百万遍の弥陀称名の末に、記事を書くことをお勧めします。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(1) | 20100629020850 | 編集
500|むぎ茶|20100629221158

小沢氏の発言は正論としか言いようがありませんね。しかし、それを政局に絡めようとする記者。小沢の言動は一つも肯定しないという内部のルールが実際あるのでしょうが、何を言ったかでなく、誰が言ったかで評価を決めるという稚拙な報道姿勢をいつまでマスコミは続けるんでしょうか。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天