ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
07/09のツイートまとめ

hataeiji

愛知県一宮市の定宿なう。広々した駐車場、大浴場、13時からチェックイン可能、翌11時まで滞在可能、ここに勝るホテルはない。しかも一泊4000円台の格安。もう、50回ほど利用させてもらっている。惜しむらくは、和室畳部屋なのに、座椅子がないこと。今も、壁に背をあずけている。
07-09 02:01

RT @aminosupple: つくづく公立高校を辞めて良かった。何度だって言ってやる。子供を戦場に送るな。
07-09 02:04

「教え子をふたたび戦場に送るな」という、教育者として、当たり前すぎる主張が「政治的偏向」とされる転倒した現日本社会。当たり前に戻すチャンスは、あと2日しかない。
07-09 02:11

「政治」というものから、いちばん遠いところにいると思っていた元祖「トレンディ・ドラマ」の申し子が、野党共闘の旗手として名乗りをあげるとは。今まで正直軽く見ていたことを謝罪したい。
07-09 02:20

細川、小沢、小泉と、そのときどきの有力政治家に阿ってきた「パフォーマンス先行権力志向売名女自民党員」は「崖から飛び降りる覚悟」というが、そんなことは何も言わず、CM契約やドラマ再放送の違約問題にペナルティ覚悟で野党共闘、「抗安倍」に名乗りをあげた彼の方が、はるかにその言は重い。
07-09 02:42

日本国憲法が「他国を侵す不幸」、「他国から侵される不幸」、「殺す不幸」、「殺される不幸」から、われわれニッポン国住民を守ってきたという「厳然たる事実」を忘れてはならない。現総理を筆頭とする現憲法に仇なす者は、ニッポン国住民に不幸を齎す元凶と心得て間違いはない。是非、投票に一考を!
07-09 03:00

今まさに、僕らは歴史の「切所」にいる。なのに、僕は仕事上の責任を負って、それを果たすために、結局何も出来ずにいる。戦争へと雪崩れを打っていた1930年代、僕みたいな人が、少なからずいたんだろうなと、想像している。
07-09 03:14

「安倍晋三という生物としての個体」さえこの世に顕現しなかったならばと思う今日この頃。きっと、「ヒトラーという生物としての個体」さえこの世になかったならという、その当時のドイツのユダヤ人や社会主義者と、その思いは共有できるのではないだろうか。
07-09 03:23

我が国の「自由」「民主」党ほど、その名と実態がかけ離れている政党はないと、僕は全世界に、高らかに宣言したい。
07-09 03:28

ロシアに「自由民主党」という、ファシストで構成された極右政党がある。いや、それでもなかなか、日本の「自由民主党」も、負けてはいないようだ。
07-09 03:33

僕は今、「国を憂えて」いる。その思いは、ネトウヨや、「愛国を称えているかにみせて、実は自分の狭小な『自己』を慰めたい」ヤカラどもより、百万倍ほど強い自信があるのだ。
07-09 03:41

ファシストが人類の役に立った試しはない。どころか、酸鼻を極める「害」を齎してきたことは歴史に明らかだ。安倍晋三、稲田朋美、高市早苗、一見「政治家」に見えるヤカラどもが、実はどうしようもない「反人類的悪魔の同類」であることを見抜いていこう。様相は「人類VS悪魔」の域まで呈してきた。
07-09 04:06

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20160710031357 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天