ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
10年先を見据えた小沢一郎の「大きさ」

このブログは、したがってこの僕は、あまり「陰謀論」というものを好まない。

どういう事象の背後にも米CIAがいて、その意を受けたジャパン・ハンドラーがこの国の政治を操っているといった類の話。
その日本人側のスパイは誰々で、どういう人々に影響を与え、こういう理不尽なことをさせている・・そう書かれてあることをいくら読んだとしても、具体性を主張する話には、必ず「裏づけ」を求める習性が身についているので、ソースを示さない情報は信じないことにしている。
決して、それらの「情報」を否定するものではないが、恰もそれを「既定の事実」であるかのように語るのは、注意深く避けようと思っている。

今回、発足した菅政権にしても、その「緊縮財政路線」が、ただちに小泉流の構造改革路線に直結するものであると決め付けるような論調の政治ブログを散見する。
スタートしてまだ数日の政権をそのようにはやばやと断ずるような真似は、このブログでは、とても出来ない。
鳩山政権は発足間もなく、性急に「結果」を求められ続けてきた。
前政権の残したあまりに大きい「負のツケ」を、ことごとく払わされる立場におかれた者に対して、あまりに酷な要求だった。
本当に、日本人というのはせっかちだ。
菅政権がどういうものであるか、これからの動向をよく見極めてから判断するべきではないのか。

基本的にこのブログは、政治評論集ではなく、個人の日記だ。
僕は「市井の一市民」であるから、個人として、政治の動向を眺めているなかで感じたものを、書き綴っている。
なぜ、この問題を取り上げない?
取り上げないその理由を問いたい。
そういう、メッセージを何度か受けたことがある。
僕は新聞記者ではない。
僕がニュースを取り上げる際に基準とするものは、あくまで、僕個人の感性のみである。

したがって、「断定」はしないが、「分析」や「推測」はしていくだろう。
外れることもあるだろうが、これは「天気予報」のようなものだ。
「明日は晴れのち、午後からは曇りでしょう」
未来の予測を語るときは、この言い方であると思っていただきたい。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

このブログを立ち上げた動機は、あまりの理不尽が眼前に横行しているのに、我慢ができなかったからだ。
去年の政権交代は、初めて民衆が自らの意思でおこなった、本格的なレボリューションだと思った。
僕は、その当時、どちらかといえば、今、菅政権を支配しつつある、「民主党創業グループ」にシンパシーを感じていた。
したがって、小沢一郎が、党のカネと人事権を一手に握る幹事長職に就いたときは、少なからぬ不安と不快を抱いた。
「天敵・小沢打倒」を旨とする旧体制・マスコミの「脳内刷り込み」に、若干、僕も犯されていたのだろう。

小沢一郎を見直したのは、ある記事を読んでからだ。
そのことを綴ったmixi日記を転載してみる。

民主党 政党助成金などを野党に重点配分 小沢幹事長が主導
http://j.mp/4sPpel

いろいろな憶測が後段で述べられているにせよ、民主党がトクになることはないにも関わらず、国会改革のために、あえて敵に塩を送る。
もしかしたら、このひとは、自党ばかりではない、この国の仕組みそのものを、マジで変えようとしている。
より良いものにしていこうとしている。
そんな、直感があったからです。
そこに限りない「私心」のなさを感じ取りました。


もはや、民主党がどうだ、こうだ、ということをはるかに超越して、大きな視野に立っている。
そこから言えば、今、あえて身を引いて、民主党の参議院選挙での勝利を優先させたことが、マスコミに飼われた凡百のコメンテーターどもの愚劣な「小沢はもう終わった」論などを爆砕する、偉大な政治行為であることを推測させるのだ。

そのことを裏付ける尊敬するジャーナリストの記事を最後に紹介する。
まさに、「10年先を見据えて行動する者の姿は、明日のこともよくわからない凡人の目には奇矯に映る」ということを証明している。

政界再編が準備されつつある」 田中良紹

今日はとりとめのない記事になったことをお詫びします。

CA3G0075.jpg

大分県・豊後高田市 桂川畔にて撮影


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(8) | 20100610044256 | 編集
392|海外から見た日本|20100610072751

おはようございます。

朝は清々しくと思っているので、ここを覘いてから仕事に出かけるようになってしまいました。

個人的な付きあいがないので、小沢さんについても良く知らないのですが、小沢さんは言葉や表情の端々から国民のために何かしてくれそうな気がしています。

また、政治の世界では多くの情報がある意図を持って流されますから、自分の耳で聞いて、五感で感じた感覚を大事にしなければいけないとも思っています。

田中良紹さんは本当にいいですね。ただ、今回は、政界再編よりもまず国民第一じゃないかと少し不満ですが・・・。もう待てない。政界再編よりも、国民のために小沢さんが民主党をまとめて欲しいと希望しています。菅さんも頑張って欲しい。

では、行ってきま~す。
393|赤ん坊|20100610160749

マスコミへの反旗?に胸がスカッとしました.鳩山政権を悪しざまに報道し,子供手当や高校の無償化,高速道路の一部無料化などについて全く評価しない偏向マスコミにお灸をすえたことに拍手を送りたい.
395|トッペイ|20100610211018

小澤一郎にとって、政党や地位は理想を実現するためのツールでしかありません。日本の政治家で具体的なビジョンを持っている人がどれだけ存在するでしょうか。私の立場は陰謀はあると思っています。しかし、芥川の「藪の中」でありませんが、それはあくまで主張するひとの解釈の一つであり、事実を認定するのは本当に難しい。
菅さんについては色々言われていますが、早急に結論を出さずにしばらく様子を見てから判断させていただきます。
397|maddydog|20100610214826

はじめまして、Maddydogと申します。

ランキング応援ぽち^^

398|トンポ|20100610225848

外国人優遇策を推し進める民主党の政策って日本人にとってメリット無いだろ?
お前も外人なんだろ! とっとと日本から出て行け!
399|eiji008|20100610235248

> 外国人優遇策を推し進める民主党の政策って日本人にとってメリット無いだろ?
> お前も外人なんだろ! とっとと日本から出て行け!

普通は問答無用でこのテのコメントは削除するんですが、今日は晒してみました(笑)
ひたすら、哀れな奴です。みなさま、同情と憐れみをかけてやってください。
401|海外から見た日本|20100611074019

外国人優遇策のどの点が良くないと、具体的に指摘されれば、建設的なコメントのやりとりができます。
民主党が推し進めている外国人優遇策について詳しくないので、いろいろ教えていただけませんか?

意見が違うのは当然と思います。
しかし、相手を卑下するするような言葉では、相手を説得できず、結局、何も生み出しません。
貴殿も日本を良くしたいと思っているのでしょう。
残念ながら、暗い世の中になってしまいました。
しかし、もっと明るく、前向きに、お互い、頑張りましょう!!
403|THX111|20100611125451

「小沢主義」読みました。読みやすい本だったので半日で読み終えてしまいました。

ドブ板選挙で自分を鍛え、自分の選挙区の支持者との固い絆があるから、自民党から勝手に出ても支持者が変わりなく応援しているのでしょう。
本当の民主主義を日本に根付かせる、日本の将来のビジョンを見据え、地道に確実に改革を断行してく行動力。同じ族議員と言っても、自民党の今までの族議員にこれだけの壮大なビジョンを持った議員はいないでしょう。まず第一に「日本は本当に民主主義国家なのか」などという項目を自分の著書の中に入れる自民党議員などいないでしょう。
反小沢の人はこの本について、これくらいの本なら他の政治家でも書けるとか言うかもしれません。
しかし、この本を読めば、小沢氏がマスコミが言うような、単にカネにまみれた政治家だというのはどうかと思います。小泉、安部、福田、麻生などのような政治家よりももっと腹が据わっていて、自分の地位も関係なく日本を良い方向に変えていこうという確固たる意思があると思います。
マスコミもそれがわかっているから、正論を吐く小沢氏を政界から葬り去ろうとしているのでしょうし。
簡単に読める本なので多くの人に読んで欲しいですね。

私事ですが、私の実家の兄も民主党支持者ですが、マスコミの意思をそのまま受け入れている反小沢民主党支持者です。何とかしてこの本を読ませようと思います。

     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天