ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
新幹事長、某東京都知事、朝日の編集委員、みんな嫌いだ!

【枝野幸男クン自身の「クリーンな政治」を問う】

枝野幸男クンが次期幹事長というのは、どうやら決まりのようだ。
菅氏の意中にしかないはずのものが、こういう「既定の事実」のように語られるのは、菅氏に近い誰かがマスコミに流しているからだろう。
ともあれ、「反小沢急先鋒」ということになっている枝野クンが幹事長ということは、菅が完全に小沢を切ったということで、マスコミにとっては大歓迎というところだ。
このまま、参議院選挙までなだれ込めばいい。
とりあえずは、自民党の息の根を止めることが肝要だ。
選挙に勝利したあと、小沢一郎は最大勢力の「党内野党」として、影響力を発揮するだろう。

ところで菅氏は「個人献金という浄財によるクリーンな政治」を目指すなどと言っていたが、本当にそんな聖人君子みたいなことが出来るのかどうか、見ものである。
独楽ネズミのような顔をした「クリーン」が売り物の枝野クンは政治資金に対して、こんなことを言っていた。

経団連からの政治献金をもっと要求すべきだとする一部の民主党内の意見を強く批判し、そもそも受け取るべきではないと述べている。(2009年2月21日・枝野幸男オープンミーティング「予算審議の論点」)wiki「枝野幸男」


しかし、枝野クンの「政治とカネ」にまつわる話はこれだけ出てくる。

地獄への階段 「枝野幸男研究」 

東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆ 「追撃!枝野幸男研究」 

マスコミ不信日記「枝野幸男に解同系談合ゼネコンから献金」

僕は別に、政治家が企業・団体から献金を受けるのは、決して悪いことではないと思う。
以前にも紹介したが、尊敬するジャーナリストである田中良紹氏の言葉を、もう一度、再掲する。

 私は「政治とカネ」の話を聞く度にこの国の民主主義の幼児性を痛感させられる。私が知る限り先進民主主義国で政治家に求められているのは「悪人であること」である。何故なら国家の富を狙う他国から国家と国民を守るため、「騙し」や「脅し」が出来ないようでは安心して政治を任せられないからである。国民の暮らしを守り、外国と渡り合える力を持つ政治家なら、多少のスキャンダルなど問題にしない。それが「成熟」した国の考え方である。(中略)
 アメリカで政治家になるには「カネ集めの能力」が大事である。オバマがヒラリーに勝ったのは巨額のカネを集める事に成功したからで、カネを集められない人間はリーダーになれない。そう言うとバカなマスコミが「それは企業献金でなく個人献金だ」と言うが、オバマの選挙資金のほとんどは企業献金であり、個人献金は四分の一程度に過ぎない。


もっとも「カネ」を必要とする政治家に「清廉潔白」を要求する、マスコミと旧体制が「カネを集めること自体が悪い」という「倫理」をふりかざし、政治家に手かせ足かせを嵌めてきたが、それはあくまで表向きであり、本当に札束が乱れ飛ぶような事態は見て見ぬフリをし、自分たちに邪魔な政治家を嵌めるためだけに「政治倫理」をやかましく言う。
枝野クンがどんな団体から献金を受けようと、少しも非難するつもりはない。
ただ、受け取っていながら、経団連からの献金を「受け取るべきではない」などという欺瞞、偽善が、どうにも我慢ならないのだ。

人気ブログランキングへ

【某東京都知事が菅政権を「極左政権」と決め付けた】

名前は明かせないが、あるひとりの東京都知事(仮に"石原慎太郎"とする)がまたハズれた発言をしている。

石原都知事:菅新内閣を「極左」 外国人選挙権付与絡みで

東京都の石原慎太郎知事は5日、都内で開かれた参院選自民党立候補予定者の総決起大会で「今度の菅内閣、あれも極左だから」と発言した。民主党が進める永住外国人への地方選挙権付与政策を批判する中で述べた。
石原知事は来賓としてスピーチ。子ども手当など民主党政権の政策への批判を語る中で「極左だから同じこと言うし、もっとすごいことやるかもしらねえが、地方に限って参政権を与えるって。どうなんですかこれ」と批判した。
石原知事は、新党「たちあがれ日本」の応援団長を自認し、民主党政権を批判する発言を繰り返している。


この男の「ネトウヨ化」はとどまるところを知らないようだ。
脳の発達が未成熟なネトウヨが、創価学会までをも「極左」と既定しているのを見てあきれたことがあるが、東京都民が「知事」として選んだ人物の頭の中味がネトウヨ並みというのは、壮大なブラックジョークとは言えないか。

もし菅政権が極左政権ならば、この某東京都知事は、真っ先に「階級敵」「反革命分子」として捕えられ、人民裁判の後に、公開処刑されるだろう。
まさに「右も左もわからない」状態のこの男は、即刻、知事を辞め、ついでに人間そのものも辞めてもらいたいものだ。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

【「俺は賢い知識人だ」臭を撒き散らす朝日の星浩が大嫌いだ】

昨日の報ステで、朝日の星浩が、菅新総理のことを、「世襲でもない、一度も自民党であったことがない、そういう政治家が総理になったことは始めてだ。村山富市氏の例があるが、あれはバックに自民党の強い意向が働いていた。昨年の政権交代が、やっと象徴的な形であらわれた」みたいなことを賢しらにのたまっていた。
何をもっともらしいことを言って、乙にすましてやがるんだと、大反発をした。
そんなことは偶然に過ぎないじゃないか。
元自民党であろうがなかろうが、世襲であろうがなかろうが、肝心なのは、この国に真の民主主義を具現化してくれる政治家かどうかということではないか。
小沢一郎氏を「古い自民党的政治家」として切り捨てたい心理がはたらいているのだろうが、勘違いも甚だしい。
インテリぶった「言葉の操り」のみに長け、その実、モノを見る目が曇りきっている、こういう人物が地球上に生息することすら、否定したくなってくる。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(7) | 20100606030500 | 編集
370|海外から見た日本|20100606085528

すべて小沢、鳩山、菅さんの筋書通りに進んでいるようで、安心しています。

小沢さんは9月の代表選挙を匂わせていますから、反小沢の枝野さん達も、要職に就いても馬鹿な行動は取れません。すべて、小沢さん達の手の中という事です。小沢さんをマスコミ等が恐れるのも納得します。

野党、マスコミの言動は、結局、自分達の醜さを露呈するだけで、民主党を引き立たせる逆効果にしかならないでしょう。菅新総理批判、もっとお願いします。いい宣伝になります。どうもおおきに。
371|誰も通らない裏道|20100606091017

いつも卓見を拝読させていただいております。
今回、菅が表面上、小沢離れをしているのは、とにかく参議院選挙に勝つため方策だと思いたいです。ご存じの通り、参議院での過半数を失うと衆議院での300議席の意味がなくなるのは、自民党末期の政権が証明しています。
私は鳩山‐小沢‐菅の三人がしたたかに霞が関破壊の第二幕へと進んだのだと思っています。というか、そう思わないとやってられないので、、、orz
373|東京都民(笑)|20100606133444

「築地移転」や「五輪誘致」の問題、数々の暴言からも、「君子」ではありませんが、某府知事のごとく、暴言や尊大な態度を「リーダーシップ」の表れとして「暴君」を選択してしまう結果には、人間の不条理さを感じさせられます。再出馬するのでしょうか。
菅直人・新政権が誕生しますが、昨年夏の政権交代から、マスコミ報道が「政治とカネ」⇒「普天間問題」に集中して、与党の優れた政策が、最後まで国民の前には届きませんでした。マスコミ世論は、「普天間問題」⇒「消費増税」へと今後はシフトして行くんでしょうか。
新内閣に前閣僚が留任することには、小鳩政権の政策を継いでほしいと願う、「雨夜の星」のごとき一人の国民にとっての、一筋の光です。
374|-|20100606134739

このコメントは管理人のみ閲覧できます
375|sakai|20100606212139

小沢が管に会わなかったのは、昨年秘書逮捕時に陰で動いた事実が露見しまし、批判され以後ダマ管となり眠ったふりしていたが、鳩山辞任前日反小沢派と会合密約を
結んで辞任発表後鳩山に出馬挨拶、小沢に会見を申し入れたが相手にされなかった。
管は学生時代仲間の活動家を裏切ったので袋叩きに会う寸前と関係者の投稿あり(下町の太陽)の管への汚い
行為の批判記事に。
正面的には小沢にすり寄り、最後のチャンスを小沢排除
でマスコミ受けを狙ったのです、計画的に。
小沢は9月の代表選挙で年齢的に最後の戦いを挑むはずです、次は全国サポウータを交えての代表選出となります。
376|ローレライ|20100607021820

市川房枝の弟子の菅は極左ではありませんが、
枝野の経歴は被ってますね?
石原としては東京選挙区出身の菅総理が
総力をあげて都知事選挙で対立候補を立てる事が「極左の脅威」なのでしょうね。
382|市民|20100608105618

>朝日の星浩が大嫌いだ


全く同感です。

彼は、これまで、新聞紙上で執拗に小沢批判をくりかえしていた。
とくに、TVでは、小沢の件に言及するところでなくても、必ず引き合いに出して批判していた。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天