ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
偏向マスコミの存在は、もはや「公害」である。

今日は、雑事に追われていたせいで、腰をすえてブログを更新する時間がなくなった。
さらっといくしかないので、ご勘弁を。

大方の予想通り、菅新政権が誕生した。
あいも変わらず、マスコミは「反小沢か、親小沢か」という一点で、新内閣の人事を云々している。
「予想される人事」を先駆けて報道し、その色合いから「小沢が完全に放逐された」ということを強調している。
これはまるで、「小沢派をひとりでも起用すると、叩きまくってやるぞ」と、菅新総理に恫喝しているようなものだ。
さっきも、日テレで、「枝野を幹事長に内定した人事に対し、小沢グループが反発している」とやっていた。
「内定している人事がひっくりかえるようなことになると、小沢グループに屈したととられかねない」
そこまで言っていた。

なんだよ、それは。
僕はあきれて、テレビに突っ込んだ。
菅氏は「人事については白紙」だと言っている。
「枝野氏に内定」などとは、勝手にマスコミが、根拠も示さずに言っていることである。
「内定」という事実そのものがあやふやなのに、「ひっくりかえる」もクソもないだろう。

そもそも、今の時点で人事を予想することに、なんの生産性があるというのだ。
勝手な想像をふくらまして、誰が何大臣とやって、それが覆されたら、裏にこういう人物のこういう意図が働いていると勝手な決め付けを行う。
そんなことをしても、われわれ国民にとって、なんの利益にもならない。
もし、それが微妙に「人事」に影響を与えることがあるとするならば、かえって害があると言わざるを得ない。

本当に、うるさい連中である。
役職というものは、その人物がどのグループに属しているかということにかかわりなく、適材適所で行われなければならない。
マスコミさえきゃんきゃんやかましくなければ、理想の布陣が整うかもしれないのに・・・。
もはや、偏向マスコミの存在は、「公害」と言って差し支えないのではないだろうか。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


CA3G0072.jpg

               大分県:豊後高田市「昭和の町」にて撮影

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(4) | 20100605015149 | 編集
364|更紗|20100605062653

今日の一面から。
「小沢氏のもとでじわじわ進んだ、かっての自民党的な政治体質への回帰に歯止めをかけられるかも課題だ。公共事業の個所づけで取りざたされた露骨な利益主導や、業界団体に踏み絵を踏ませるかのような姿勢に『自民党よりひどい』と鼻白んだ有権者は少なくない。」

どこの有権者でしょう?

よくもここまで書けるものです。
367|海外から見た日本|20100605121615

まったく同感です。皆で声を大にして、もっとマスコミを叩きましょう。

ただ、民主党にはそれほど心配していません。民主党の小沢、鳩山、菅さんは強い絆で結ばれていると思います。今、一番大事なのは参議院選挙に勝って安定政権を作ることです。そして、そのためには民主党の結束が必要です。今は、小沢さんは参議院選挙に勝つ事にしか興味がないと思います。

マスコミは小沢(=悪)傀儡政権で攻めたいし、菅政権内の小沢色を薄めて、少なくとも自分達に都合の良い政権を作りたいのでしょう。今後の影響が少ないので、小沢、鳩山、菅さんは、参議院選挙に勝てれば、それでも良いと考えているのかもしれません。菅新総理の発言もその流れと思います。NHKの放送では小沢さんも小沢派を抑えるような発言をしている様でした。

それよりも小沢、鳩山、菅さんに近い考えの議員を増やす事を目指したいると思います。基礎をしっかり築かないと、どんな立派そうな家を作っても、地震があれば壊れてしまいます。安定政権を樹立した後が大事という共同認識だと思います。マスコミ等の最終処理はその時のお楽しみという事でいかがでしょうか?

ただ、今後、小沢さんは表に出ないのではないか、なんとなく、小沢さんとはそういう方のように感じています。
368|DAK|20100605144514

TBSが赤松農相に関する誤報問題で社内処分を行ったそうです。しかし、公的な謝罪はニュースで謝罪文をちらっと読み上げるだけ。みのは恐らく一言も触れないでしょう。

彼は大勢居る電波芸者の1人です。しかし、彼が演ずる役回りは確実に国民の多くを騙しています。そこに謝罪が無い限り、今だって赤松大臣がゴルフをしていたと信じ込んでいる人だっているかもしれません。

この件に象徴されるように、昨今のマスゴミの横柄さは、既に権力を監視する「公正中立」な報道機関などではなく、第3、いや、第1の権力になっていることの証左ではないでしょうか。

民主党の件に関しても、それが国民生活にどう影響するかなど一言も語られず、只、仕立て易い「物語」としての政局にうつつを抜かす。散々誤報をしてきておいて、どの口で言うて晒しているのか。

彼らは政治を自分達で動かしている気になっている。映児さんの最近の記事は全く正しい指摘ばかりだと思います。日本を統治しているのが政治家でない事が、今回の政変でより明らかになりました。
372|-|20100606125729

このコメントは管理人のみ閲覧できます
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天