ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
10/12のツイートまとめ

hataeiji

RT @haruka_lover: 失笑。どれだけの人に敵意をむき出しにしてきたか。なにが「自制」?笑わせないで。やってはいけないことを、やったクセに。 http://t.co/AegK6kdCuK
10-12 01:28

RT @haruka_lover: 言葉が綺麗かどうかより先に、言ってる内容が問題。「綺麗な言葉で脅迫する」典型として、さまざまなスクショを保存させていただきました。貴重な参考資料をありがとうございました♪(#^ー゚)v
10-12 01:28

RT @haruka_lover: どんな綺麗な言葉で取り繕うとも、支援者だった方々の個人情報を持っていることをネタに、「私に逆らうのなら、ネット上に晒しますわよ」と脅したという事実は、刑法222条の「脅迫罪」の構成要件を満たすんじゃないかと私は思っています。思い切ったことをし…
10-12 01:28

RT @haruka_lover: 自分の持っている個人情報を批判を封じる武器として使った。これは、脅迫罪とか、個人情報保護法とかの法律問題はもちろん、それ以前の、企業とか政治家に求められるべき道徳t的規範を、軽々と、爽やかなほどに逸脱したものです。「私は今、一般人」と言いたい…
10-12 01:28

最近、読んだ小説が、すぐテレビでドラマ化する。横山秀夫の「64」、黒田秀行の「破門」、そして池井戸潤の「下町ロケット」が、来週の日曜から。久坂部羊の「破裂」は、昨日からNHKで始まったが、これも、あやうく買いそうになった。原作が漫画とかも多い。オリジナルな脚本家が、不足してるのか
10-12 01:36

RT @HistoryImg_: タモリと赤塚不二夫Tamori & Fujio Akatsuka http://t.co/sRpdpFiIwt
10-12 02:30

タモリを「密室芸人」として、初めて認知したのは、高信太朗の「オールナイト・ニッポン」だった。1975年頃だったか。まだ「森田さん」と本名で呼ばれていた。「4か国親善麻雀」に衝撃を受けた。「外国人が聴いた日本語」が凄かった。「知性を感じさせる芸」の執行者としては空前絶後ではないか
10-12 02:47

今の社会で、計画的な犯罪を行うには、「監視カメラ」の存在が立ちはだかってくる。このことは、ミステリーの作者には、新たな、そして大きな壁となっているのではないか。あらゆる犯罪計画が、この存在で頓挫してしまう可能性を有するのだから。
10-12 03:01

松本清張の「点と線」。東京駅の4分間のトリックが秀逸すぎて、他のアリバイ工作が、今にして思えば陳腐だった。物語の途中で、主人公の刑事が、容疑者が飛行機を使ったことに気づく。そんなん今頃気づくんかい~とツッコミたくなる。昭和30年代は、飛行機が交通機関として認知されてなかったのだ。
10-12 03:09

私立探偵「沢崎」シリーズを書いた原寮。もう10年近く書いてない。日本のチャンドラーというべき作風。次回作を焦がれるほど待っている。電話番専門の会社に連絡を依頼している沢崎。なんと携帯を持たない。確かに孤高の探偵に携帯は似合わない。あまりの寡作の原因は時代についていけないところか。
10-12 03:23

恋人同士が、連絡できずにすれ違う。そこにドラマが生まれる。調べものをしたくて図書館に足を運ぶ。その過程にもドラマはある。携帯があり、検索エンジンがある現代。恋人同士がすれ違うことななく、知りたいことはたやすく手に入る。その結果、ドラマもロマンも知らない画一人間が、巷に溢れるのだ。
10-12 03:42

RT @KaSuehiro: ネトウヨや冷笑屋は、NNNドキュメントにあったような虐殺の証言を聞いても、そこに非道い・可哀そうなどの感情が興らず必死に粗を探し続けるのかも知れないね。それは難民の少女の写真から下卑たイラストを作るのと全く同じ情動だよね。
10-12 21:41

RT @TrinityNYC: しかし今日再放送された南京事件のドキュメンタリー見てても思ったけど、ああいう資料が実際に存在していながら、しかも、それらは虐殺に従事した日本兵らによる記録という一次資料でありながら、政府中枢と親しい連中が徒党組んで反日による捏造だと海外に向けて「…
10-12 21:42

やたら「女性」を強調して、「被害」(ありもしない)を訴えていらした方が、そういえば・・。 https://t.co/iRsjZL1RFS
10-12 22:46

最初は「邦人保護」を名目に上陸した軍隊が、途中、突然に「南京攻略」に戦略を変更され、補給線も確保されずに進軍。当然、糧食が絶え「現地調達」ということで略奪が始まり、やがて強姦、民間人虐殺。「大量虐殺」発生の客観的条件がよく理解できた https://t.co/nRk7m6VvdD
10-12 23:18

非武装の捕虜、民間人虐殺を「なかったこと」にしたい政府を含む歴史修正主義の潮流を一気に黙らせる「歴史的」な作品となった、NNNドキュメント「南京事件」。複数の兵士の日誌という第一次資料の発掘。それを裏付ける取材。イデオロギーではなく「事実をして語らしめる」ジャーナリズムの基本だ。
10-12 23:35

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20151013032856 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天