ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
在特会の「朝鮮進駐軍」デマを検証してみた

すべて「あとの祭り」なのだが、勉強はできるときにしておくべきだったと、後悔する日々だ。
いや、勉強して、いい会社に入って・・・とかいう意味ではなく、人生の半分強を消費したこの時点で、猛然と「いろんなことを知りたい」という知識欲が湧き起こっても、生活に追われる身となれば、なかなか本を読む時間を確保できない。
今は、「文学報国会の時代」(吉野孝雄・著)という本を読みつつ、文学者が戦争協力をしないと生きていけなかった「悲劇の時代」を感得し、多量の悲愁を胸の底に沈殿させているのだが、あることがきっかけで、また別のテーマに興味を持ってしまったのである。

そのあることとは、例のレイシスト、ファシスト集団である「在特会」が、最近のデモ行動のなかで撒き散らしているらしいビラ「『朝鮮進駐軍』をご存知ですか?」を、ネットで目にしたこと。

在特会サイトを開き、最初の「朝鮮進駐軍をご存知ですか?」の上のURLをクリックしてください。

1945 年(昭和20年)以後に、現在特別永住権を持つ在日一世(朝鮮・韓国人)、もしくは現在日本に帰化または、半島に帰国した朝鮮人によって作られた犯罪組織を指します。 終戦後彼らは、日本各地で婦女暴行・窃盗・暴行・殺人・略奪・警察署や公的機関への襲撃・土地建物の不法占拠・鉄道や飲食店での不法行為など様々な犯罪を引き起こし
ました。 自称「戦勝国民」であると主張し、自らを「朝鮮進駐軍」と名乗り、各地で徒党を組んで暴れ、凶悪事件を起こしました。 GHQ(連合国総司令部)の資料にあるだけでも最低4千人の日本人市民が、朝鮮進駐軍の犠牲となり殺害されたとされています。
3万人もの朝鮮進駐軍は戦後の混乱を利用し、旧日本軍から盗んだ銃や日本刀で武装し、軍服を着込み全国で組織化を行いました。 「在日朝鮮人連盟総本部」(上写真)は後の「在日本朝鮮人連盟」で、更にこれが「在日本大韓民国民団」と「在日本朝鮮人総聯合会」に分かれ、これが現在の「民団」と「朝鮮総連」となります。
当時の日本は、戦場に男が駆り出され男手不足であったり、都市部でも疎開や空爆による被害で人手が足りない状況が長く続いており、警察も武器の使用が認められないという、戦後特有の制限が有りました。 目の前で白昼堂々、日本人婦女子が暴行を受け助けを求めていても、銃で武装する彼らには警察すらも成す術が無かったのです。
「おれ達は戦勝国民だ! 敗戦国の日本人が何を言うか!」と小突き回され、暴行され瀕死の重傷を負った警官も数多くおられました。
戦後に朝鮮人犯罪が増加の一途を辿った背景には、この様な、犯罪に対する抑止力の空白化が背景に有りました。略奪・窃盗・密売・土地の強奪等にも組織的に関与しており、一般の露天商からの強奪や農作物・家畜の強奪(利根川水系の牛の強奪などが有名)等、さまざまな方法で集められた商品が朝鮮人によって売買され、その後パチンコや、
サラ金、風俗行(ママ)などへの資金源として利用されていきました。
「生田警察署襲撃事件」「長崎県警察本部襲撃事件」「「首相官邸襲撃事件」」「阪神教育事件」など様々な凶悪事件を日本各地で起こし、とうとうGHQのマッカーサー最高司令官は、「朝鮮人等は戦勝国民に非ず、第三国人なり。」と発表し、軍を出し日本の警察と合同で鎮圧に当たりました。
その後、余りに危険な「在日朝鮮人連盟総本部」は解散させられるのですが、その後「総連」と「民団」に姿を変え、今なお組織ぐるみで、理不順(ママ)な「在日特権」を要求し続けているのです。


「朝鮮進駐軍」なるものが存在したなどということは初耳で、どうせ在特会が言うこと、「デマに間違いはなかろう」と思って、いろいろ調べてみた。
「朝鮮進駐軍」で検索をかけると、出てくるのは排外主義者どもの差別サイトばかり。
頭の先から足の先まで「朝鮮人憎し」しかない、「妄想」と「憎悪」だけがすべての思考や行動の源となっている陋劣なヤカラが、日本人のなかに、これだけもいるという情けない事実に、絶望的になるだけだった。
やはり、いくら探したところで、「朝鮮進駐軍」の実在を示す客観的な資料は出て来ず、デマとファシストの親和性を、あらためて確認した次第である。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


しかし、この「朝鮮進駐軍」、最近までwikiにその項目があったようである。
以下はその内容。長いので、HTMLファイルとしてアップしてみた。

http://blog-imgs-32.fc2.com/e/i/j/eiji008/koreaArmy.html

wikiでこれだけのものを読めば、いかにも「朝鮮進駐軍」というものすごい、極悪非道の武装犯罪組織が実在しているように思うだろう。
後半に列記された事件の多さに圧倒され、誰しも「事実」と信じてしまうに違いない。
しかし、これらの事件が起きた時期を確認すると、日本が敗戦した年から翌年にかけて集中していることに気づく。
あとは1952年まで散発的に、年に2~3度、起きているに過ぎない。
それぞれがどういう事件だったか、ひとつひとつ検索すれば、たいがい、wikiにその項目がある。
植民地従属国である朝鮮の民衆が、祖国で食い詰め、あるいは強制的に「徴用」されて日本に渡ってきて、過酷な労働や差別に耐えながら戦時下を生き抜いてきた。
それが日本の敗戦で解放され、それまでの鬱憤を晴らそうと、一部がアウトローのならず者となって、非道なことを仕出かしはじめた。
それが、闇市の利権をめぐる抗争であったり、密造酒を作るところを摘発に来た官憲との闘争であったり、逮捕された仲間の釈放を要求する集団抗議行動であったり、要するに列挙された事件はそういうものであり、背後に「朝鮮進駐軍」なるものが存在し、組織的、系統的に「指導」していたなどということの根拠を示す事実は、なにも提示されているわけではないのだ。
さすがに、問題が多いとの声があり、このwikiでの「朝鮮進駐軍」の項目は、当然のことながら、削除されてしまった。

「朝鮮進駐軍」なるものをネット検索してもヒットするのはいわゆる嫌韓厨といわれる面々によるプロパガンダサイトのものばかりで、百科事典記事作成に当たって信頼に足る情報源が見当たらない。参考文献節に列挙された文献で「朝鮮進駐軍」を表題に掲げたものはなく、全体が[1]の丸写しであり、本記事執筆のIP:122.27.1.205(会話 / 履歴 / ログ / Whois)はWikipedia:削除依頼/122.27.1.205氏による外部からの持込で対象とされた記事も同じ外部サイトから丸写ししており、IPの記事作成の傾向からして記事解説記述が参考文献節の文献を参考にして作成したとは到底考えられない。
朝鮮進駐軍を「戦後日本の混乱期において朝鮮民族が自称していた犯罪(武装)集団の名称」とあたかも在日朝鮮人全体を包含した代表組織のような定義しているが、このような事実はない。構成員を現在日本国内に居住する朝鮮人に結びつけた定義を展開しているが、これも前述のとおり根拠不明なトートロジーに過ぎない。「朝鮮進駐軍総本部(在日朝鮮人連盟総本部)」は後の在日本朝鮮人連盟の前身であると記述しているが、「在日朝鮮人連盟総本部」なる組織の存在は確認できず、これが後継組織に引き継がれたとも立証されない。「組織では…各地域ごとに部隊名をつけ」とあるが、参考文献があると称するにも関わらず具体的な部隊を挙げていないなど、事実に関して出典による証明が無い。当時の在日朝鮮人が暴力事件を起こし、それを進駐軍にならって例えたというような事実はあったかもしれないが、それすら出典付きで記述できていない。そればかりか、意見・解説の類にも個々に出典は無く、{{独自研究}}状態に終始している。
朝鮮人による犯罪節と主な事件一覧節に列記した事件で朝鮮進駐軍により組織的に引き起こされたと断定されたものがない。
以上、記事全体を通じて事実であることが証明されないばかりか、あまつさえ虚偽や誹謗に類することを並べたてており、Wikipedia:削除の方針#ケース E: 百科事典的でない記事の「本文が検証可能性を満たさない内容に終始している場合」「独自の研究結果の発表」「広告またはスパム(嫌韓厨プロパガンダ)」「完全に異質な記事」に該当する。

 (wiki「朝鮮進駐軍」ノート)  


「4000人の日本人が犠牲になった」とされるGHQの資料は提示されず、「白昼の路上で日本人婦女が暴行された」という「事実」の唯一のソースが、山口組三代目、田岡一雄の自伝のみという体たらくでは、朝鮮進駐軍が存在したという話は、到底、信じられるものではなく、それが常識というものだろう。

そこで、最初に掲げたビラにある写真をもう一度見てほしい。

在特会サイトを開き、最初の「朝鮮進駐軍をご存知ですか?」の上のURLをクリックしてください。

とくに2枚目の写真にこういう解説がつけくわえられている。
「朝鮮総連本部を警備する短銃を所持する在日朝鮮人警備隊」
「朝鮮進駐軍」とは、こういう警官みたいな制服を着ていたのか!?
そう驚く者もいるだろうが、マトモな思考能力と感性を持った者はこう思うだろう。

 これって、日本の警官じゃん! 

残念ながら、そのとおりであったようだ。
以下は毎日新聞の報道写真を売るサイトのようだが、

https://photobank.mainichi.co.jp/php/KK_search.php
(「朝連」で検索して、いちばん右下の写真をクリックしてください)

その最後の写真が、このビラの2枚目に使われた写真であることは一目瞭然である。
朝連本部を「平穏に接収」するのは、日本の警官隊が行ったことである。
こういうペテンをするようなビラに書かれた内容が、寸毫も信用できないことは、いうまでもない。

戦後間もなく、朝鮮人が関与した騒擾事件はたしかに頻発しただろう。
今まで自分たちを差別してきた日本社会に対して、並々ならぬ敵愾心を示すことは、大いに考え得ることである。
もちろん、暴力や殺人を肯定しているわけではなく、いずれも許しがたい犯罪であることは間違いない。
しかし、それを今さら声高に告発して、どんな地平が切りひらけるというのか。
最終的な目的は何なのか。
在日コリアンをひとり残らず、日本社会から駆逐することか。
民族、人種で人間を色分けし、ひとつの「まとまり」とみて排外する、そのあまりの自己の狭量さが恥ずかしくないのか。
・・恥ずかしくないのだろうな。
日本人は「恥」を知らない、と言われることがあれば、これほど、「わが内なるナショナリズム」を喚起させることはないだろう。
大東亜の民衆と連帯する、真の民族派右翼となって、これら「恥」を雪ぐ衝動に駆られるかもしれない。

・・などということはともかく・・・。

戦後の混乱期、「第三国人」とか「特攻帰り」とか「愚連隊」とか「ヤクザ」が利権をめぐってどのような抗争を演じたか、その「闇市戦国史」を詳らかに知りたいとは思ったのだ。
アウトローたちの側から見た「裏戦後史」。
それは、「仁義なき戦い」をはじめとするヤクザ抗争史へとつながっていく。
また、韓国映画に散見される「韓国アウトロー」の詳細も、調べてみたい。
そして、日本への密航者を大量に発生させた、1948年、チェジュ島「四・三島民蜂起ー虐殺事件」の詳細をもっと知りたい。
金石範の大著「火山島」(全7巻)は読破したが、フィクションであるために、全体像がいまいちわからなかった。
「朝鮮進駐軍」を調べていくうちに、また「知りたい知りたい病」が始まった。
しかし、本を読む時間はわずかに限られている(泣)

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20100524051053 | 編集
307|妹尾|20100524093310

毎日のコメントとお仕事の両立大変ご苦労されているいることと存じ上げます。
筋肉疲労にはヴィタミンB類が良く効くと聞いています。食品から摂る事は大量の摂取が必要です。私は62才です。食事はどうしても偏るのでサプリメントでB、C及びミネラル類を摂取し体調管理しています。
体調を整え毎日の清新なブログをお願いいたします。
楽しみにしています。
308|トッペイ|20100524231917

「少年老いやすく学成り難し」といいます。私も若い頃より、乱読して、何とか少しでも向上しようとしていますが、自らの非才ゆえに歯がゆく思う日々です。映児さんのようにいくつになっても向学心を持ちたいものです。
627|わんわん|20100907154923

ん~。
なにやら グレーだな。
無いとブログ主は断定しているが、少し尚早ではないのか!?
朝鮮人の集団による犯罪行為があった事実は、じいちゃんも語っていたし。 事実があるならば、それに批判をする事は差別や排外などではなく 人間として当然だと思う。
犯罪者にも悪口が言えない世の中なんて、ただの理想郷。 人間はそこまで、いや 日本人といえどもそこまでお人好しではないだろう。
655|おいおい|20100916115133

わんわんとやらは何を考えているんでしょうか。
例えば、アメリカ合衆国に移民した日本人が、食い詰めて何らかの犯罪を犯した事件はあったでしょう。それもいくつも。
だが、それを理由に、あたかも全ての日系移民を組織した大犯罪組織が存在したなどと大嘘をでっち上げ、挙句、武装警察官が互助団体の本部を接収した写真(原典資料には武力衝突どころか武器が押収されたとすら書いてない)を「武装した犯罪組織の構成員!」などと正反対にでっち上げて得意げに吹聴する行為に嫌悪感を抱くどころか、「とにかく、日本人ってのは悪かったんだろう! 俺もじいちゃんから聞いたぜ!」などと妄想にしがみつき続ける人間など、日系に限らずどんな人種からも嫌悪されて相手にされないでしょうに。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天