ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
06/13のツイートまとめ

hataeiji

1910年日韓併合に、ほとんど、両国にまたがる悲劇の淵源が。閔妃暗殺、伊藤博文暗殺、日帝36年の植民地支配、三・一独立運動への弾圧、強制徴用、戦時「慰安婦」徴用、解放後の済州島や麗水・順天での左右激突、民間人虐殺、朝鮮戦争・・それを朝鮮民族の資質に起因するかのような糞理論の横行。
06-13 02:56

隣国の頑なな「反日」の淵源は、1910年の日韓併合に求められる。敗戦によって一度リセットされた状態からの再出発を許された我が国とは違い、隣国は、「左右激突」の実験場とされ、我が国が甘受すべき「敗戦による報い」を、一手に負わされた。僅か一世紀くらいでこの「恨」が拭えるものではない。
06-13 03:09

「正義」が行われず、「不正義」が横行する。その事態をこそ、我々人類は、自らのステージを上げる為に撃ち続けていかなければならない。その「不正義」の主体が、たまたま今の日本国であり、かつての大日本帝国だったから、政権のファッショ的な現状や、「残念な歴史」を撃つことのどこが「自虐」か。
06-13 03:22

創価学会婦人部来る。学会主催で行われるこの展示会に来ませんかということだったが、安倍政権の一員として、安保法制改悪に血道をあげている最中に、一方でこういうテーマの展示会開催なんて、厚顔無恥もはなはだしくないですか?と突っ込んだ。 http://t.co/ShARfhrHxr
06-13 15:54

いまだに「公明党はブレーキ役として安倍の暴走をおさえています」みたいなことを言うので呆れた。「戦争には本当に反対なんです」と。じゃあ、なんで政権内にいるの、さっさと離脱すべきだというと、「野党では何もできません」。「何もできなくていいよ、政権内にいられるよりはるかにマシ」と返す。
06-13 16:01

信心というのは、自分を客観的に見れなくする。今の公明党の姿が、安倍政権の中で監視役をしていると言って納得するのは、全世界の中でも、学会信者くらい、それも熱心な「活動家」と呼ばれる、一部の者のみだろう。「安倍=創価=公明」は、万人が認識する公理であるということが、わからない。
06-13 16:08

RT @itsgroovymasa: 現役の創価学会活動家にひと言だけ申し上げる。信濃町に距離をとる会員個々の思想性を云々する前に自らの振る舞いを少しは振り返ったら如何か。いったいどんな道理に基づいて現下の公明党を支援するのか。公明党の姿勢を正させることが急務ではないのか。あな…
06-13 22:06

RT @yanagihara1965: 草創期の公明党は、まぎれもなく、庶民のために戦う「戦闘集団」だったと思う。現在はさながら、権威におもねるだけの「公家(くげ)集団」になってしまった。長いものにまかれ、黒を白と言いくるめる力はついたようだが、本質的な実績はほとんど何も残して…
06-13 22:07

欠席者扱い。(※加工済み画像です) http://t.co/yRxJ0PIQmI
06-13 22:41

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20150614033053 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天