ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
02/14のツイートまとめ

hataeiji

RT @conisshow: 昨日、徹子の部屋で美輪明宏さんが「戦争になったらできないこととして文化があるの」と言っていた。なぜ僕らが歌を好み、文学に親しみ、絵を鑑賞し、舞台を見るのかといえば、それらの文化を通して平和であることを理解し、平和の重みを実感し、戦争を回避する大切さ…
02-14 00:28

僕は学会二世なので「池田大作」という存在には複雑な思いを抱かざるを得ない。否定したい気持ちは多々あれど、外部からの彼への罵倒には「本能的」な反発も覚える。幼少期からの「洗脳」は深刻な影響を齎すものだ。でも、このカリスマが表に出なくなって、公明党の右旋回が止まらなくなったのは確か。
02-14 01:07

この先、安倍ファシスト政権に、金魚のフンみたいにくっつきつづけている限り、僕は、創価学会・公明党を「真摯に」批判しつづけるだろう。しかし、もしもの臨終の時には、「南無妙法蓮華経」の題目で、引導を渡して欲しいとも思う。何故純粋な「信心」に、「政治」などという挟雑物が割り込むのか。
02-14 01:23

綾子女史、頼むから、自分の足で、必要最低限の「取材」をして、エラソーにモノを言ってください。それが、「作家」というものでしょう。知識が浅すぎる。なのに、偏見が強すぎる。ハンパのない「上から目線」は、犯罪的ですら、ある。「作家」が、「反知性」で、どうすんのよ?
02-14 01:35

レイシストの片鱗をうかがわせる「反知性作家おばさん」が「教育再生会議」のメンバーだとは、欧米では「ブラック・ジョーク」としか思われないだろう。「ひらたく言えば老人は国家のために早く死ね」みたいな本を出した人だろ?子や孫がこんなヤカラに「教育」されたくはないなあ。逆に「有害」だろ。
02-14 01:51

しかし「学会二世」という十字架を背負いながら、高校2年のときに「狭山差別裁判糾弾闘争」に参加すべく上京して停学処分を受け、その後「天皇訪米阻止闘争」で逮捕、渋谷署に留置され、三里塚で火炎瓶を投げ、原子力船「むつ」の佐世保入港阻止闘争で機動隊にボコボコにされた自分を褒めてやりたい。
02-14 02:06

RT @synfunk: 曽野綾子の「生活保護者に霞ヶ関で草むしりさせろ」だの奥谷禮子の「働かない若者に公園清掃などの労役を」だの、なんで弱ってる人間に弱ってることを理由に懲罰を課したがるのかね。看守かお前。サディズム・ショーの観客にしか見えんわ。
02-14 23:41

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20150215033440 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天