ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
国民が「真実」に近づく道を阻害しようとする悪意


ふと気づくと、新聞が配達されていない。
3ヶ月前、「新聞を入れてくれるな」と販売店に申し入れ、亀井静香を気弱にしたような店長があわてて飛んできた。
そのことの顛末はこのエントリーで書いたが、その後、ふたたび店長がやってきて、「あと3ヶ月」の延長を哀願してきた。
たしかに、最初の契約時に、「3ヶ月無料」の特典を受けたことは覚えていたので、さすがにこれ以上ゴネるのも大人気ないと思い、「それではあと3ヶ月」と承知していたのだ。
そして、5月から配達が止まったというわけだ。
なくなればなくなったで、なんということはない。
記事を眺めても、すでにネットから得た情報ばかりだったし、政治面を見れば、現政権批判ばかりだ。
とくに、この風刺漫画を見て、どうしてこんな新聞を大枚をはたいて購入しなければならないのか、情けない思いになったものだ。
これで永遠に手を切れたということは、実に喜ばしいことである。

しかし、政治面を見ても、鳩山政権を批判してない日はなかったような印象だ。
鳩山政権になって、そんなに世相が悪くなったか?
政治は停滞し、問題が百出し、国民の生活に支障が生じているか?

ひところ、しきりに「鳩山不況」を、まるで期待でもしているのように新聞各紙は煽っていた。
とくに、産経はひどかった。

恐怖!“鳩山不況”「二番底」→「大増税」の最悪シナリオか 

景気の「二番底」が鳩山由紀夫政権を直撃する-。専門家の間でこんな見方が強まっている。年明けあたりから景気が再び失速して、税収がさらに落ち込み、マニフェスト(政権公約)で掲げた政策の財源捻出に四苦八苦する鳩山政権を直撃。追加の経済対策も必要になり、大増税に走らざるを得ない状況に追い込まれるという「最悪のシナリオ」がチラつき始めている。(2009年11月13日)


こういう、いたずらに民衆の不安を煽る調子に、「新聞としての品位」を疑いたくなるが、そうだった、産経は「怪文書」に過ぎなかった。
まるで産経が新聞であるかのような書き方をしてしまった。
お詫びして、訂正したいと思う。

しかし、現在の景気の動向を見ると、依然、雇用状況などが厳しく、本格的な回復とはなっていないが、わずかな「上昇の兆し」はほの見えている。
少なくとも、産経が予測したような「最悪」の事態とは、なっていない。
新聞各紙から「鳩山不況」の文字は、完全に消え去っているだろう。

なのに、この飽くなき政権への攻撃は、どうだろう?
本当に常軌を逸している。
あるひとつの政治勢力の機関紙のようで、そんなものにカネを払って読む必要があるだろうか。
「新聞不買」を、ありとあらゆるひとに、訴えていきたいと思う。

人気ブログランキングへ

テレビもそうだ。
最近は、本当に観なくなった。
今日は、午後から休みだったのだが、ずっと、wowwowやスカパーなどの有料放送を観ていた。
ほかに観るのがNHKのドキュメント番組だ。
民放の番組は、観る気がわいてこない。
政治を扱った番組をたまに観ると、あまりの偏向ぶりに、たいがいはむかっ腹がたってきて、途中で切ってしまう。
僕は、テレビを無自覚に眺める時間を読書にまわすことにした。
たまに息抜きは必要なので、有料放送で録画した映画やドキュメントを観る。

「無料」で観ることが果たして、視聴者にとって、いいことなのか?と僕は思う。
「タダほど高いものはない」と昔のひとは言ったが、言い得て妙とはこのことではないか。
「無料」で得られたコンテンツに対して、ひとは受動的にならざるを得ない。
自己の感性や思考はどこかに置き忘れ、ただ、無意識に番組内容を受け入れる木偶の坊になりがちだ。
しかし、何がしかの対価を払って得たコンテンツに向かう人間は、能動的である。
自己の感性や思考を研ぎ澄まして画面に向かうことができる。

まだ、この問題意識は形成過程にあるので、うまく言えないが、無料で観ることができる民放は、ひとが自覚した有権者へと自己を確立することにおいて、決して有益なものではないのではないかと思う。
昼間に過酷な労働を強いられた日本人は、帰宅して寝るまでのわずかな時間、テレビという「娯楽」に時間を奪われてきた。
民放番組には、その底に、国民が「真実」に近づく道を阻害しようとする悪意が秘められているのかもしれない。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(4) | 20100504030923 | 編集
243|桜大和王|20100504084533

【「新聞不買」を、ありとあらゆるひとに、訴えていきたいと思う。】、同感です。
さりげなく、「新聞いらないよなあ」って言ってみたり、
リクルートの「タウンマーケット」を勧めるくらいしかしてませんが。

【政治を扱った番組をたまに観ると、あまりの偏向ぶりに、たいがいはむかっ腹がたってきて、途中で切ってしまう。
】もまったく、その通りです。
まともだと思ってる人も、小沢さん、鳩山さんが悪で、前原やマスゾエが正義だと言うくらい洗脳効果があるようで・・

少しでも多くに人が気づいて欲しいものです。
効果的な方法があればなあ。
244|影丸|20100504172628

 テレビに評論家が出てくる度に、機密費のことを思ってしまうのですが、この解明をテレビに求めるのは無理とは判るのですが、ではどうしたらいいのでしょう。
245|狸|20100504212747

私も新聞の購読を中止して3カ月になりますが、何の不自由もありません。却ってプラウダより悪質な日本の大新聞の奇怪な思考法の洗脳が解けて「自由」に物事が考えられるようになりました。
Gオーウェル的な仮想現実の世界から解き放たれたウインストン・スミスのような気分になりました。
253|THX111|20100507022137

本当にマスコミの流す報道はどこの国でもプロパガンダばかりで、テレビ番組も低脳な番組や、どうでもよいマスコミの作る流行番組などが多く、本当に仮想現実の世界ですね。
アメリカに住んでますが、こっちで流されるニュースなんかも思考が停止していなければ受け入れられないような情報がニュースとして流されています。
日本のNHKだけ衛星放送を入れていて見られますが、NHKも昔に比べ低俗になったような気がします。それと何でこれほど民主党のやることなすこと全て否定的に報道するのか疑問に思っていたと同時に日本人はこのような報道を何の疑問も無く受け入れているのかと心配になっていました。そんなときにこのブログや、その他最近知ったブログで同じようなマスコミ批判を行っているので、何か安心しました。新聞非購買運動いいですね。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天