ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
与謝野馨氏の劣化が止まらない

「普天間基地にかんして、前政権は長い間タッチしてこなかった。今、民主党政権になって初めて、現首相が解決に向けて取り組んでいる。沖縄県民の関心は、5月末での首相の進退にあるのではない。(国外、県外移設という)約束を守ってくれるかどうかにある。今、国民ぜんたいが真剣に考えてほしいのは、日本に海兵隊が必要なのか、基地が必要なのか、日米安保の在り方はこれでいいのかということである」


今日、九州・山口のローカルニュースで、琉球朝日放送のアナウンサーは、大意、以上のようなことを述べた。
やはり、地元の放送局の報道は、普天間基地問題を、首相の進退と絡めた「5月政局」とやらに矮小化して、朝から晩まで、鳩山政権を叩きに叩いている大マスコミの報道とは、その真剣さ、思いの深さが天と地ほども違うようだ。

沖縄県民にとって、首相が5月に退陣しようがしまいが、そんなことはどうでも良く、ただひたすら鳩山政権が、県民の思いをわが思いとして、「国外、県外」を本気で取り組むべく、渾身で要請しているのだ。その表れがあの90000人を集めた大集会だ。

それに対して鳩山首相は、「民意の一つの表れだと理解している」と述べた。政治家、とくに総理大臣がいちばんに耳を傾けなければならないのは「民意」だ。今までの総理大臣は民意より、大企業や官僚の意向を重んじてきた。「民の声」を基本として動く(本当に、これが本来の総理大臣であるべきなのだが)初めての総理大臣として歴史に名を刻めるかどうか、鳩山氏は今、その岐路に立っているのだと思う。

僕がもし、鳩山氏と同じ立場だったら・・・と想像してみる。
秦映児総理大臣なら、県外・・・できれば国外移設に向けて、ありとあらゆる方策を練り、実務者に指示するだろう。
相手のある交渉ごとというのは、一筋縄ではいかない。
坂本竜馬が推進した薩長同盟だって、さまざまな紆余曲折を経た。
過去は殺し合いさえした、互いに憎しみあう二勢力をひとつにまとめるのだ。
それは、至難の業だっただろう。
竜馬は長州が欲する武器(鉄砲)を薩摩に売らせる、そういう「利」で仲立ちし、なんとか同盟を成立させるが、土壇場になってひっくり返るとういうことが一再ならずあって、相当に苦労を重ねたようだ。

僕は信じたい。
鳩山首相が、ズバリ、グアムかテニアン移転を画策し、移設費用を日本側がどの程度負担するかで、現在、米側と話し合っているということを。
徳之島とか大村とか、それはあらゆる可能性のひとつとして語られているに過ぎない。
「国外」というベストを選択し、それが実現できたら、これ以上の政権浮揚はないだろう。
そのとき、大マスコミがどういう報道の仕方をするか・・考えただけで楽しくなってくる(笑)

しかし、もし、「県内」という最悪の選択がなされたなら・・。
ま、それは、そのときにでも考えよう。

人気ブログランキングへ



放言する老政治家も老政治家だが、それを嬉々として報道する朝日も朝日だ。

東大出身なのに相当頭悪い」与謝野氏、首相を批判
新党「たちあがれ日本」の与謝野馨共同代表は26日のBS11の番組収録で、東大工学部卒の鳩山由紀夫首相について「東大出身のはずなんだけど、相当に頭が悪い」と述べた。さらに、学習院大政経学部卒の麻生太郎前首相を引き合いに「総理大臣の資質がよく言われるが、麻生さんの方が百倍も千倍も頭がよかった」とも語った。

与謝野氏は東大法学部卒だが、学歴を引き合いにした政権批判は異例だ。番組では民主党を「アマチュア」「ろくな議論をしてない」と非難。そのうえで「(首相は)単純作業は手早くやるだろうが、複雑系を考える頭のよさを持っていない」と指摘した。


麻生と鳩山を比べて「麻生のほうが頭が良い」とは、この老政治家の頭自体を疑いたくなるが、そもそも「頭の良し悪し」や「出身大学」などで政治家を評論するそのメンタリティには、嫌悪の感情しか湧いてこない。ってか、あんたは評論家か。政治家だろうが。
小選挙区で負け、政権の座から転げ落ちたときから、このひとの劣化は止まることがない。
こんな御仁とは思わなかった。
どうも、ながい間、騙されていたようだ。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(3) | 20100427013803 | 編集
222|トッペイ|20100427020045

所詮、与謝野とはその程度の男です。平成の迂回献金王のくせに、自分のことを棚にあげて鳩山首相をあげつらう。
小選挙区で落選し、比例でお情で当選できたのだから、自民を離党したのなら、席を返上すべきです。こんな馬鹿男が財務大臣によくなれたものだ。鳩山首相はオペレーションリサーチの専門家です。歴代総理の中でも最高の知性の持ち主です。低脳の馬鹿与謝野には鳩山首相の頭脳は理解できないでしょう。アホ太郎と連れなんだから、頭の中身は空っぽのがらんどうでしょう。
223|むぎ茶|20100427024023

沖縄のみならず、日本と日本人の未来のため、国外移転が決断されることを望みます。そうなれば、参院選も勝利間違いなし(大マスコミは選挙まで狂ったようにネガキャンを行うでしょうが、沖縄に手を差し伸べた実績を隠ぺいすることはできません)。行革も進めやすくなるでしょう。

与謝野さんは・・・。「アメリカ様に逆らうとは不逞な!」の一言でしょう。わかりやすすぎ。千倍とか言ってる時点で、どこがどのようにダメなのか冷静に議論する気もないのでしょうし。
225|隠居老人|20100427162245

与謝野語録より

2005年、永田町には埋蔵金があるのでは?と聞かれ、
「埋蔵金? そんな便利なものはありません。断言してもいい!」

2008年、リーマンショック直後、財務大臣として、
「日本経済にとって、これは蜂に刺された程度の痛みしかない。」

2010年、国会質問で鳩山首相に対して、
「言葉には、言霊があるんです。人間は、1度話した言葉にはきちんと責任をとらなければなりません。」「(首相は)子分に配る金が足りないと、お母さんに泣きついたそうじゃないですか!」
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天