ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム

そも、仏法とは何か。
それは、一切衆生から「生老病死」の四苦を抜き、尊極の生命である各々の仏性を顕現させる「法」ではなかったのか?

そのためには、すべての、衆生を不幸に導く因、これを取り除くために奔走することこそが、「仏意仏勅の団体」創価学会を支持母体とする「公明党」の使命ではなかったのか。

その公明党に属する議員による下記のツイートに、自分は、絶望の想いを禁じ得ない。

「一切衆生の幸福」より、「与党であり続けること」に価値の重きを置いた、その「腐敗」の到達点が、ここに凝縮されている。



賭博」や「売春」や「大麻」が、「大きな弊害がない」とは、「日蓮大聖人の仏法」のどこから、導き出されるのか?

この三つの事柄に寄生し、人々を不幸の軛きに繋げてきたのは、言うまでもない。

ヤクザであり、マフィアであり、裏社会の反社会的、反人間的勢力である。

国家は、これらを、一見、道義的な理由で駆逐するように見せかけ、実は取ってかわって、その「甘い汁」を啜ろうとする同類の存在である。

どうして、そんなことがわからないのか?

きけば、このツイート主はこれを削除したらしい。

「表向き」は、この主張をすべきでないことは、わかっているのだ。

しかし、本音はまさに、ここにある。

日蓮大聖人と、それに続く日興上人、日目上人、歴代の御法主上人による「国家諌暁」の精神を忘れ去った現「公明党・創価学会」は、許しがたい「違背の徒」と、断じざるを得ない。

とくに、「売春」を許容するとは何事か。

仏法以前の、社会的な倫理、道徳、または、性差別という問題にすら、大きく違背する現「公明党・創価学会」の存在を、一切衆生の名において、自分はとても、認めるわけにはいかない。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お笑い公明党トンデモ創価学会[本/雑誌] / 佐高信/著
価格:972円(税込、送料別) (2016/12/12時点)



関連記事 [公明党・創価学会]
公明党・創価学会 | コメント(-) | 20161212022726 | 編集
    © 2016 世に噛む日日  Designed by 意地天