ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム

hataeiji

「隣国のことは隣国の人々にまかせる」という原則と、そのスタンスを守ることが、「賢明な人間」かどうかを決定付けると思う。さまざまな問題を惹起している自国のことに見て見ぬふりをし、他国のことばかり云々する。そういう態度が、人類ぜんたいが次のステージに上がる道程を妨げている。
09-29 14:00

「地方創生国会」??これはまた、「右傾ヘイトブラック政権」の本質を露骨に糊塗しようとする意図ありありの、無難なテーマへの無理やり誘導掛け声だなという感想。それに野党がおつきあいしそうな、ほんと、国会は田舎芝居じみてきた。あ、そう言うと、田舎芝居に失礼か。
09-29 14:57

「在特会」の出現が衝撃的だったのは「言っていいことと悪いことがある」という、理性ある人類が、20世紀中葉の「メガデス」という惨禍を経験した後、ようやく到達したと思われていたそれなりの「地平」を軽々と踏みにじり、後足で砂をかける、胸が悪くなるような言動を目の当たりにさせた所にある。
09-29 15:18

噴火活動が生んだ島なんだと、九州各地の隅々まで走破し、さまざまな景観を脳裏に刻み付けた、一零細運送屋の実感として、そう思う。九州自体が「火山島」といえるんだ。そこに原発ふたつ?ひとつは、近々、再稼動?自然を侮るのは、いい加減にしろと言いたい。
09-29 15:30

(噴火の)「予知は難しかった」「仕方がなかった」とか言われて、遺族や安否のわからない人の家族は、どう思うんだろう?その難しい予知に取り組むことでメシを食ってる部分もあるわけだから、素人は「それなりに」信頼を置いているわけなのに「仕方がない」とか、何のために存在してるの?って思う。
09-29 17:31

この、感動的なまでの「ダブルスタンダード」の構図!http://t.co/wN4I36KGTv";集局長がKGBのスパイだった!? 産経が頬かむりする「売国」的過去"
09-29 23:37

土井さんは、女性初の党首、衆議院議長だった。百田は、「文化人」初の「故人冒涜者」になった。
09-29 23:59

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20140930034921 | 編集
    © 2014 世に噛む日日  Designed by 意地天